出前講座

高等学校等の教職員の皆様へ

目的

長岡大学は、「幅広い職業人としての人づくりと実学実践教育の推進」、「地域社会に貢献し得る人材の育成」を建学の精神としております。その理念を踏まえ、高校生等の自己発見および将来の職業選択への支援を主な目的に出前講座を実施します。

講座のテーマ

長岡大学の教員の専門性を活かし、経済学、経営学、情報科学を中心に、受講生が理解し、その学問に興味がもてるようなテーマで講座を実施します。
詳細は下の「講座テーマ一覧」をご覧ください。

講座の形式

( 1)高等学校等の教科における講座開催
( 2)高等学校等の教科以外の行事(文化祭等)での講演
( 3)高等学校等の職員研修やPTA活動等での講演
( 4)長岡大学における模擬授業形式での講座開催
※講座等の時間や内容については、柔軟に対応します。

費用

( 1)講師料、謝金および講師交通費は必要ありません(無料です)。
( 2)高等学校等もしくは長岡大学以外で講座を行い、会場費等が発生する場合は、原則として申込者の負担となります。

申込方法

( 1)「長岡大学出前講座 申込書」に必要事項を記入の上、FAXあるいは郵送でお願いいたします。大学HPからも申込ができます。
( 2)申込書受領後、長岡大学入学課よりご連絡致します。
>> 長岡大学出前講座 申込書

講座の打合わせ等

講座内容や実施に関する具体的な打ち合せは、講師と直接していただきます。

申込先

長岡大学入学課
〒940-0828 新潟県長岡市御山町80-8
TEL 0258-39-1600
FAX 0258-33-8792
E-mail  nyushi@nagaokauniv.ac.jp

講座テーマ一覧

■ 講師名をクリックすると教員紹介が、テーマをクリックすると講座の詳細がご覧いただけます。

  番号 講師 テーマ
  1 鯉江 康正 ・大学・短大への進学について(高校生向け)
・経済学的に考えるということ
  2 太田 惠子 ・世論調査、各種統計から経済生活を考える
  3 米山 宗久 ・ボランティアを始めてみない!
  4 広田 秀樹 ・なぜ、若者は大学に行くべきか
・なぜ、若者は働くべきか
・なぜ、若者は世界を知るべきか
  5 石川 英樹 ・みんなの将来にとって大学ってどんなところ? 〜専門学校や短大との違い
・貿易ゲームで世界経済・国際社会について考えよう
  6 山川 智子 ・=「資格を取ってとんがろう!」 高校生から始めるキャリアデザイン=
・アドリブで行こう!~反射力を上げて、ピンチをチャンスに変える
・=「ストレスなんてこわくない?~自分をいたわるセルフケアのススメ」=
・=天気を知って元気になろう!~健康と気象との関係~=
  7 權 五景

・今日から金持ちになる準備をしよう。
・豊かな国と貧しい国、豊かな地域と貧しい地域の違いから学生たちが学ぶべきこと。

・十分杯から幸せになる道を学ぶ。―他人と自分との違いを認め合う―

  8 栗井 英大 ・「○×屋」牛丼店を開業する(中学生・高校生向け)
・将来の「生活設計・マネープラン」を考える(中学生・高校生向け)
  9 生島 義英 ・流通業とは何か
  10 吉川 宏之 ・情報セキュリティのはじめ
・コンピュータを使って問題を解いてみよう
  11 村越 真紀

・大学入試の面接試験、どんな準備をすればいい?

・「やさしい日本語」でコミュニケーション

  12 武本 隆行

・日常生活を経済活動の視点で捉える

・広告から考えるジェンダー・ダイバーシティ

・実践的マーケティング設計

  13 西俣 先子 ・eco 検定を取得して、環境メガネ(環境の視点)で世界をみよう!
・地球の限界を知ろう!
  14 坂井 一貴 ・「受験数学ではない数学 ~数の不思議やおもしろさ~」
・「プログラミング基礎講座」
・「FinTech,AI,IoT,RPA,新たな情報活用と社会変化」
  15 中村 大輔

・平均値にだまされるな!? ― 統計学の基礎 ―

・若者よ、旅に出よ。

  16 牧野 智一 ・財政と私たちの暮らし
  17 関 義夫 ・全知の語り手(narrator)は信用できるか
  18 喬 雪氷 ・簿記と会計について
  19 高島 幸成

・社会を切り取るコンピュータシミュレーション

・逆算!15年後の自分

出前講座 申込フォーム

高等学校等名(必須)
ご担当者名(必須)
ご連絡先住所 (必須)

電話番号 (必須)
ファックス
メールアドレス (必須)
ご希望日(必須)
(例 2018年5月10日(木))
時間(必須)
(例 13:30~14:30 )
第1希望 講師名
第1希望 テーマ
第2希望 講師名
第2希望 テーマ
対象者
中学生高校生保護者社会人
学年・学科・人数
講座実施についての
ご要望等
今後の講座のご希望
テーマについて