Home > 教育・学術

教育・学術

鯉江ゼミが「ハロウィンみつけ」に実行委員として参加しました。

10月23日(日)、鯉江康正ゼミが見附市のイベント「第5回ハロウィンみつけ」に実行委員として参加しました。「学生による地域活性化プログラム」の鯉江ゼミの取り組みとして、7月の第1回実行委員会の企画段階から参加させていただきました。初めは緊張しましたが、受け入れてくださった皆さんはとても優しく、一つの目標に向かって一丸となることができました。
当日は学生11名と鯉江先生が朝8時から会場設営、交通誘導およびグルメブースの手伝いや仮装コンテストの進行をおこないました。雨にもかかわらず、仮装をしたたくさんの子供たちが訪れ、賑やかで楽しい時間となりました。フラッシュモブにも参加して、一緒に盛り上げることができました。ゼミ生一同、とてもよい経験となり、大変うれしく思っています。ありがとうございました。

鯉江ゼミ3年 中曽根 湧

20161023-08 20161023-01

20161023-02 20161023-03

20161023-07 20161023-04

20161023-05 20161023-06

 

平成28年度「起業家塾」を開講しました。

平成28年8月22日(月)~8月25日(木)に夏期集中講座「起業家塾」を開講しました。

【位置づけ】
・チームによるビジネスプラン作成と発表を通して、起業家精神、人間力、社会人基礎力を養成することで「社会で生き抜く力」を身につけること。
・作成したビジネスプランをさらにブラッシュアップして、ビジネスプランコンテストに応募し、最優秀賞等獲得を目指すこと。
・学生ベンチャー企業を起業することで地域活性化に貢献すること。

〈第1日〉8月22日(月)

Ⅰ 開講にあたって
・起業家塾開講にあたって     担当教員:小松俊樹
・社会人基礎力事前評価
・プログラムの進め方について   担当教員:小松俊樹

kigyouka2016-1 kigyouka2016-2

Ⅱ プログラム展開
1.チーム編成と役割検討
2.ビジネスプランとその作成方法
*特別講演・夢の実現をめざして―創業とは―
マコー株式会社創業者/株式会社パルメソ代表取締役社長 松原 亨氏
kigyouka2016-3 kigyouka2016-4

〈第2日〉8月23日(火)

3.アイディア出し
4.アイディア2案の中間発表と1案への絞り込み
18名の参加者が5チームに分かれてアイディア出しから1案への絞り込みまで活発に意見を交わしました。
kigyouka2016-5 kigyouka2016-6 kigyouka2016-7

〈第3日〉8月24日(水)

5.絞り込み案のニーズ等調査
6.ビジネスプランの取りまとめ  コンピュータ室にて絞り込んだ案の調査を行いました。
kigyouka2016-8 kigyouka2016-9 kigyouka2016-10

〈第4日〉8月25日(木)

7.発表用ビジネスプランの作成
8.ビジネスプランの発表、講評、表彰、社会人基礎力事後評価

十日町着物のペット産業への活用  会社名:株式会社乾杯!
社長 阿達 慶弘(長岡大学3年) kigyouka2016-11
総務部長 須田 滉介(長岡大学3年)
部長 岩崎 奈津美(長岡大学3年)
部長 内藤 淳志(長岡大学3年)
秘書 武士俣 大智(長岡大学2年)
宴会部長 外石 直輝(長岡大学2年)
コンセプト:大切な家族と「和」をつむぐ
対象顧客:50代以上富裕層、独身、ペットにお金をかけている人等
提供価値:伝統技能と融合した高級ペット商品
来県海外観光客へのおもてなし  会社名:ハロー・ジャパン株式会社
社長 周 天奇(長岡大学3年) kigyouka2016-12
副社長 孔 祺(長岡大学3年)
コンセプト:来日海外観光客へのおもてなし
対象顧客:来県する1人~4人の少人数観光客(中国・台湾・韓国)
提供価値:ネイティブなガイドによる特別サービス
スポーツBAR  会社名:株式会社ホイッスル
社長 殖栗 卓(長岡大学2年) kigyouka2016-13
営業部長 永井 想(長岡大学2年)
平社員 渡邉 友貴(長岡大学2年)
コンセプト:女性でも気軽に行けるSPORTS BAR
対象顧客:長岡市内のサッカー好きな女性、スポーツに興味がある人
提供価値:長岡市になかった盛り上がれるSPORTS BAR
古民家活用高級旅館プロジェクト  会社名:株式会社ちょんまげ
社長 横田 百合江(長岡大学3年)  kigyouka2016-14
総務部長 小松 綾乃(長岡大学3年)
経理部長 青木 洸(長岡大学2年)
営業部長 ヴォ・ティ・フオン・タオ(長岡大学4年)
一日一組限定プレミアム古民家旅館
対象顧客:首都圏に住む年収1,000万以上の30~40代女性
提供価値:地元の魅力を存分に取り入れた高級宿泊体験
れんこんで中之島を元気に!  会社名:RGナカノシマ
社長 小林 拓史(長岡大学3年)  kigyouka2016-15
副社長 水落 柊哉(長岡大学2年)
副社長 山口 尊広(長岡大学2年)
コンセプト:れんこんの真価!おいでよ、れんこんの町なかのしま
対象顧客:中之島外の10代~50代女性、日本全国の女性
提供価値:大口れんこんの料理、イベント等

*審査委員による質疑
kigyouka2016-16 kigyouka2016-17 kigyouka2016-18
9 表彰式  厳正な審査の結果、次のように表彰を行いました。

会社名
最優秀賞 RGナカノシマ
優秀賞 株式会社ちょんまげ
社会貢献賞 株式会社乾杯!
盛り上げま賞 株式会社ホイッスル
クールジャパン賞 ハロー・ジャパン株式会社

kigyouka2016-19 kigyouka2016-20
最優秀賞を獲得したRGナカノシマ             平成28年度起業家塾参加者

審査員のコメント

kigyouka2016-21 kigyouka2016-22 kigyouka2016-23 kigyouka2016-24 kigyouka2016-25
審査委員長
長岡大学学長
村山 光博
マコー(株)創業者
(株)パルメソ代表取締役
松原 亨 氏
長岡技術科学大学教授
田辺 郁男 氏
長岡造形大学教授
造形学部長
馬場 省吾 氏
長岡工業高等専門学校教授
菅原 正義 氏

10 まとめ

平成17年度に開講してから、今年度(平成28年度)で12回目となりました。長岡地域の3大学1高専(長岡大学、長岡技術科学大学、長岡造形大学、長岡工業高等専門学校)に参加を呼びかけ、開かれたビジネスプラン作成講座として開講、今年度は本学の学生18名が参加しました。夏期集中4日間で、参加者は2~6人の5チームに分かれて、ビジネスプランを作成し、最後に発表を行いました。
昨年度より参加者は微減となりましたが、国の「地方創生」の理念に謳う地域特性を生かした創業促進であること、また、大学COC事業「長岡地域〈創造人材〉養成プログラム」の一環でもあることなどから、来年度以降も参加者拡大を目指し、募集方法をさらに工夫していきたいと思います。
審査結果
<RGナカノシマ>の長岡市中之島地域の特産物である大口れんこんを使用した地域活性化への取組が高く評価され、最優秀賞を獲得しました。また、優秀賞として<株式会社ちょんまげ>、社会貢献賞として<株式会社乾杯!>、盛り上げま賞として<株式会社ホイッスル>、クールジャパン賞として<ハロー・ジャパン株式会社>が選ばれました。どのプランも短期間の中でよく練り上げられた、地域活性化に資するものでした。
終了後の受講生アンケート調査の結果、この講座は楽しかった(まあまあ楽しかった)と回答した学生が86%、ためになった(まあまあためになった)と回答した学生は93%と受講生の満足度は高いものでした。また、社会人基礎力自己診断においては、3項目(アクション・シンキング・チームワーク)の内、シンキング以外が開始時より向上しました。起業家塾受講を通して、シンキング(考え抜く力)が足りないと感じた受講生が多く、この点に気づいたことは大きな成果であったと思います。社会人基礎力養成は「社会で生き抜く力」に繋がります。参加した皆さんにはこの経験をこれからの大学生活は勿論、社会に出てからも活用していただきたいと思います。
これから起業家塾で作成したプランをさらにブラッシュアップして、「ながおか仕事創造アイデア・コンテスト〈ながおかアイ・コン〉」、「十日町市ビジネスコンテスト〈トオコン2016〉」、全国的なビジネスコンテスト等に応募し、最優秀賞等獲得を目指していきます。
最後に、審査委員の方々を始めとした関係者の皆さんには大変お世話になりました。来年度もよろしくお願いします!

11 社会人基礎力自己診断
kigyouka2016-01

12 アンケート(N=18)
kigyouka2016-a1

kigyouka2016-a2

kigyouka2016-a3

kigyouka2016-b1

【この講座は楽しかったですか。その理由は】
・仲間と一から計画を練ることの楽しさがあった。
・起業のしくみを学び、起業することがいかに大変かを学んだものの、難しい事柄についても
グループで深め合えたことが楽しかった。
・普段の授業と比べて、実践に近かったから。
・先生たちは熱心に指導してくださいました。
・何かのプランを立て、それをプレゼンにまでもっていく過程が思った以上に充実していて、よかった。
・難しいがやりがいがあったから。
・発表がうまくできなかった。くやしい。
・やってみるとなかなかマニアックで面白い。
・自分のアイデアを発信できたこと
・今抱えている仕事のことを忘れて、バカなことを考えることができたから。
・ダメ出しが多かったが、どれもためになる話が多かった。
・時間がなくて、焦っていたから。

【この講座はためになりましたか。その理由は。】
・自分の向き、不向きみたいな事がわかった。
・調べて発表するという機会を得られた。
・自分の無能さを再認識するよいきっかけになったから。
・実際の企業の社長さん達からアドバイスを受けることができた。
・事業プランを作る方法が分かりました。
・自分が起業するときに役立つと思った。
・社会の厳しさを少し体験できた。
・メンタルが若干強くなりました。
・メンタルが強くなった。
・なかなか個人でやろうと思うことじゃないから。

【この講座の改善点やコメント】
・朝9時からは早すぎる。
・企画するプロセスの勉強になりました。また、ビジネスの勉強になりました。
・冬にもあってもいいのではないかと思う。
・時間が足りない。
・もっとやわらかいにしてほしい。

長岡大学講演会「目指せ!学生起業家」を開催しました

7月12日(火)、長岡大学にて長岡大学講演会「目指せ!学生起業家」を開催しました。
本学夏期集中講義「起業家塾」の事前セミナーと説明会を兼ねた講演会で、「若者世代で社会を動かす!~自らの行動で社会を変える~」をテーマに一般社団法人CYE(以下CYE)代表理事:大森裕貴様(慶應義塾大学環境情報学部2015年卒業)、理事:福田恭子様(慶應義塾大学総合政策学部4年)からご講演いただきました。
CYEは米国大使館と慶應義塾大学SFCで協同開催をした起業家精神醸成セミナーを運営した学生の有志から始まった組織で、「日本全国から社会に対して挑戦する若者を輩出し、日本・世界を率いる人材として共に未来を創りあげる」をミッションとして活動する組織です。
当日のご講演はCYEの活動紹介から始まり、現在は若者が挑戦しやすい環境にあるので思いついたらやってみたらどうか、また何かを始める時に必要な要素について、お話をしていただき、参加した多くの学生、教職員が熱心に聞き入り、特に学生は起業に関する刺激を多いに受けました。
大森様、福田様、この度はご多用の中、貴重なお話をありがとうございました!

20160712-02 20160712-01

20160712-04 20160712-04

防災ボランティア特別講義(防災ジャパンダプロジェクト)を行いました。

7月7日(木)、授業「ボランティア論(担当教員 米山宗久)」で、損保ジャパン日本興亜株式会社様による災害から身を守るための知識・行動を身につけるワークショップ「防災ジャパンダプロジェクト」を特別講義として実施しました。
受講生たち(50名)は毛布担架で搬送するコツや身近にある物を使った応急手当法などを、実際に身体を動かしながら学びました。災害時における自助や互助を習得することができ、ボランティア行動へのきっかけとなったようです。
20160707-01 20160707-02

20160707-03 20160707-07

20160707-05 20160707-06

「インターンシップフォーラム長岡」に参加しました。

2016年3月10日(木)、アオーレ長岡市民交流ホールAで「インターンシップフォーラム長岡」が開催され、長岡造形大学、新潟工科大学、新潟産業大学、新潟経営大学、長岡大学の学生がインターンシップ(就業体験)の活動内容を発表しました。
本学からは、「NPO法人長岡産業活性化協会NAZEのホームページ改善案の策定」のテーマで村山ゼミナールの学生3名が発表を行いました。
フォーラム終了に行われた学生交流会に参加した学生からは、「他大学のインターンシップの様子を知ることができて良かった」との声が多く聞かれました。

160310-03 160310-04
160310-02 160310-01
【発表学生 村山光博ゼミナール】
人間経営学科3年 山田里津子
人間経営学科3年 福崎秀一郎
人間経営学科3年 内山絵美

澤井芳秀さん(今瀬ゼミ4年生)が、「日本NPO学会」第18回年次大会で研究論文を発表しました。

今瀬政司ゼミナール4年生の澤井芳秀さんが、3月6日(日)に行われた「日本NPO学会」第18回年次大会で、栃尾の地域活性化に向けた研究論文を発表しました。
澤井さんは、今瀬ゼミⅢ・Ⅳの学生たちと平成26~27年度の2年間にわたって、栃尾の地域活性化に向けて、「とちお祭」の裏方参画の調査研究と実践活動に取り組んできました。その栃尾でのゼミ取組み成果を研究論文にまとめ応募したところ、学会の審査会で評価、選定されて、今回の発表となりました。
当日、澤井さんは、「長岡・栃尾のことをより多くの人に知ってもらいたい、栃尾の活性化に貢献したい」との思いを胸に、落ち着いて堂々と発表しました。
参加者からは好意的な評価の声を頂いて、質疑応答でも自信を持って回答していました。終了後には、全国の祭りを研究している京都大学名誉教授から、詳しい研究資料を送って欲しいと依頼があるなど、反響の波及効果が続きそうです。(文責:今瀬政司)
160306-01 160306-02

160306-03 160306-04

澤井芳秀さんの研究発表後の感想
今回の研究発表は、今までに行ったことがない新潟県外の大学での発表だったので、非常に緊張しましたが、今瀬政司ゼミナールⅢ・Ⅳの二年間の活動の集大成という意気込みで臨みました。20分という長い発表時間ではありましたが、落ち着いて発表できたと思います。今回の発表を通じて、より多くの人に、長岡・栃尾地域について知って頂くことができました。
二年間での活動の結果を、京都で開催される学会で発表させていただくことで、栃尾地域に少しでも貢献できたのではないかと思います。この様な発表の機会を与えていただき、大変嬉しく思いました。ありがとうございました。

■「日本NPO学会」第18回年次大会での研究論文発表
・日時:2016年3月6日(日)10:00~11:30 C5学生セッション(発表20分、質疑応答10分)
・会場:同志社大学 今出川キャンパス 良心館RY105教室(京都市上京区)
・テーマ:『地域を担う「裏方」と「協働」の実践・研究 ~ゼミ「とちお祭への裏方参画と調査・情報発信」~』
・報告者:澤井芳秀(長岡大学 今瀬政司ゼミナール4年生)
・推薦者:今瀬政司(長岡大学経済経営学部 准教授)

◎年次大会プログラム(2016年3月5日(土)・6日(日)、同志社大学 今出川キャンパス(京都市上京区))
http://janpora.org/meeting/pdf/Program_v20160113.pdf

◎澤井芳秀さんの年次大会発表の研究論文
・フルペーパー
http://sicnpo.jp/imase-nagaokauniv/imase_seminar150306-sawai_yoshihide-a.pdf
・要旨
http://sicnpo.jp/imase-nagaokauniv/imase_seminar150306-sawai_yoshihide-b.pdf
・プレゼン資料
http://sicnpo.jp/imase-nagaokauniv/imase_seminar150306-sawai_yoshihide-c.pdf

◎研究論文やゼミ取組みの詳細は、今瀬政司研究室ホームページをご覧下さい。
http://sicnpo.jp/imase-nagaokauniv/

※「日本NPO学会」は1999年に設立され、現在約800名の会員を持ち、日本学術会議の「日本学術会議協力学術研究団体」に指定されている学会です。
http://janpora.org/
http://www.scj.go.jp/ja/group/dantai/

平成27年度長岡大学保護者懇談会・同窓会総会のご報告

平成27年度長岡大学保護者懇談会のご報告

平成27年11月

今年も悠久祭と同時開催で、10月24日(土)に保護者懇談会を行いました。
今年は、教務・学生・就職担当教職員からの説明に加えて、平成26年度卒業生の就職活動体験談もあり、保護者の皆様からの関心が高いテーマを重点に置いて行われました。
全体会に続いて個人懇談も実施し、参加された保護者の方からは「大学での活動の話を直接聞くことができて、非常に有意義であった」とのお声を頂きました。

全体会参加人数 :24名  個人懇談参加人数: 21名

 

当日のプログラム

全体会

学部長挨拶
教務関係説明・・・修学状況など
学生関係説明・・・大学生活など
就職関係説明・・・就職状況、大学の指導体制など
本学OBによる談話・・・就職活動成功体験談
13:00~14:25
個人懇談 ゼミ担当教員との懇談  ※事前申込 14:30~16:40
就職相談 就職担当職員への相談  ※事前申込 14:30~16:30

 

 

説明のわかりやすさ               来年も参加を検討するか(1~3年生対象)
pic1

 

 

 

 

 

 

教員からの説明は概ね理解しやすかった結果となりました。
来年も前向きに参加を検討する意見が多く、満足度の高い保護者懇談会となりました。

 

保護者懇談会参加者の声(抜粋)

・大学の一生懸命さが伝わりとてもありがたいと思いました。
・就職について、厳しさと取り組みの大切さが理解できた。
・全体的にグラフや数字がはっきりしていて理解しやすかった。
・OBの経験談がとてもためになりました。1名だけでなく複数名の話も聞いてみたい。
・退学者数についても明らかにしていただきありがとうございました。

 

学部長挨拶                  教務関係説明
pic3

 

 

 

 

 

 

学生関係説明                  就職関係説明
pic4

 

 

 

 

 

 

本学OBによる談話

pic5

 

 

 

 

 

 

 

 

平成27年度長岡大学同窓会総会のご報告

 

10月25日(日)に同窓会総会を開催しました。
土田学長事務取扱、牧野学生委員長より祝辞があり、同窓会事務局からは会計について報告がありました。
そして、同窓会長から今後の同窓会の活動について、同窓生の交流のために同窓会として支援していきたいと活動目標が述べられました。
長岡大学同窓会総会は、毎年悠久祭開催日に行われています。
同窓生の皆さん、来年も是非この機会に懐かしい大学をお訪ねください。

pic1

インターンシップ成果発表会を開催しました。

11月18日(水)、「平成27年度長岡大学インターンシップ成果発表会」を開催しました。「インターンシップ」を履修する3年生20名と今年度新設された「現場体験プログラム」を履修する2年生2名が、4月から企業研究、研修課題の設定、研修先との調整に取り組み、夏休み中の10日間の実地研修を経て、その成果を修了レポートにまとめ上げたものです。
発表した学生は、研修を通して得た新しい発見や体験から身についた社会人基礎力、そして今後の課題について堂々と発表していました。学内審査を行い、最優秀賞1名、優秀賞2名を表彰しました。
DSC_3564s DSC_3583s

DSC_3613s DSC_3619s

DSC_3663s DSC_3684s

DSC_3716s DSC_3727s

最優秀賞 人間経営学科3年 中澤 司
優秀賞  人間経営学科3年 山田 里津子
優秀賞  人間経営学科3年 ペレンレイ ボロルエルデネ

DSC_3768s

研究論叢第13号を掲載しました。

【プレスリリース】目指せ!学生起業家! 第 7 回起業家塾ビジネスプラン発表会を開催します。

日本の最重要課題の一つとして「地方創生」が掲げられ、地域の魅力を最大限に引き出し、住みやすい環境を確保して、将来にわたって活力ある社会を維持していくこととあり、その基本理念の一つに地域の特性を生かした創業の促進とあります。
長岡市においても長岡発地方創生として「ながおか・若者・しごと機構」を設置し、起業・創業の支援を活動の柱の一つとするとしております。
本学では平成17 年から、夏期集中授業として「起業家塾」(4日間全日開講、2単位科目)をビジネスプラン作成講座として開講しております。今年度の「起業家塾」は昨年度に引き続き、長岡市内3大学1高専の参加を積極的に呼びかけて実施いたします。
さらに、当講座でのビジネスプランをブラッシュアップして、長岡市主催「ながおか仕事創造アイデア・コンテスト【起業アイデア】部門」に応募し、最優秀賞を目指します!

最終日の20 日にビジネスプランの発表を行い、審査委員に評価していただき、表彰を行います。
IMG_9259s  IMG_9286s

【名称】 起業家塾ビジネスプラン発表会
【会期】 平成27 年8 月20 日(木) 14:00~16:30
【会場】 長岡大学 226 教室

>> 詳細はこちらをご覧ください。

ホーム > 教育・学術

Copyright © 長岡大学 All Rights Reserved.