Home > 教育・学術

教育・学術

令和元年度 学生による地域活性化プログラム成果発表会を開催しました

令和元年12月7日(土)13:00~16:30、ホテルニューオータニ長岡NCホールにて、「令和元年度 学生による地域活性化プログラム成果発表会」が開催されました。330名を超える方からご来場いただき、大変活気のある成果発表会となりました。このプログラムは今年で13年目を迎え、6ゼミ、8取組が発表しました。発表後に各ゼミのアドバイザーから活動に対する貴重な意見をいただき、今後実施すべき調査、改善点等、次年度に向けた方向性も含め多くの収穫があり、学生は大きく成長したと思われます。学生が地域人として活躍できるよう、今後も当プログラムに取り組んで参ります。
大勢の方からご参加、ご協力いただき、誠にありがとうございました。

受付

平田ゼミが商品開発を行った「新潟コイクッキー」を販売

村山学長あいさつ

多くの皆様からご来場いただきました

【石川英樹ゼミ】栃尾地域のPRによる活性化~商品の開発・販売とバスツアーの観光開発~

【アドバイザーからのコメント】・「交流人口の拡大」は大切な視点ですが、継続できるか?地元の住民を巻き込めるかがポイントです。
・高校生との協働という事は一言では簡単ですが、とても難しい事だったと思います。来年も活動を頑張ってほしいです。ゼミ(大学)の良さ、高校生の得意、お互いの強みを活かして頑張ってほしい。
・ツアーは楽しみです。参加してみたいと思います。8月2日3日の花火に合わせたら、良いと思いました。

【鯉江康正ゼミ】「 まちの駅」から地域の魅力を発信し、地域を盛り上げたい!

【アドバイザーからのコメント】・まちの駅はたくさんあるが、自分のいる地域ですら分からないところが多いです。もっとたくさんの方に知られるようPRしてほしいです。学生がたくさん出向いている、足を運んでいるところが良かった。
・今まで以上にまちの駅関係者と長岡大学が近くなっているように感じる。
・まちの駅の活用において、長岡大で全国大会を実施するという目標に感銘を受けた。

【權五景ゼミ】十分杯で長岡を盛り上げよう!

【アドバイザーからのコメント】・決して実用品ではありませんが、だからこそ何を伝えるか?伝わるようにどういう情報発信の仕方ができるかを若い力とアイデアを振り絞ってチャレンジしてください。
・様々なところとつながった活動は素晴らしいと思いました。またすぐに実現でき、地域の活性化につながると思います。頑張ってください。
・中国の故事などその起源などは大変興味深かった。

【平田沙織ゼミ】商いを通じて学ぶ会計と経営戦略-地域に貢献する商品開発を通じて-!

【アドバイザーからのコメント】・直接企業とやりあえるので、厳しい面もあったと思いますが、とても良い経験になったと思います。
・企業さんと一緒に取り組むことは学生の特権であり、何回も体験できることではありません。「結果の理由」を考えるよりも、より多くのお客様の声を聞くことをオススメします。
・新潟コイクッキーとてもステキです。また商品コンセプトやターゲットづくりがしっかりしており販売から分析などができて、今後につながりそうだと思います。また活動の分析もできており商品が欲しいと思いました。

【栗井英大ゼミ】長岡の誇れる地域資源を若人に広めよう!

【アドバイザーからのコメント】・オープンファクトリーの開催、モノづくりフェアへの参画など、新しい事業、既存事業を通して「モノづくりを若人に伝える」仕組みを考えてください。頑張ってください。
・地域資源が何かもっとアピールしたらどうでしょうか?
・県内の良い活動を知り、自分たちで体験し、そこから見えたことを学生の皆さんの感性でぜひ「若人」に広げてほしいです。

【広田秀樹ゼミ】グラスルーツグローバリゼーション-草の根・地域からの人類一体化の推進

【アドバイザーからのコメント】・「一体化」の設定を明確にしてから取り組まれると分かりやすいし、進みやすいと思います。
・学生のこれらの活動が、どう長岡に寄与するのかを説明していただけるとより分かりやすいと思います。
・長岡のキーワードとの関連性・地域との関りを掘り下げることができればと思います。

【平田沙織ゼミ】商いを通じて学ぶ会計と経営戦略-繁盛する模擬店を目指して-

【アドバイザーからのコメント】・「完売する」という目的も大切ですが、経営戦略を学ぶ場として実践するのであれば、「とった行動」と「お客様の動き」を分析していただくと商売にとても役立つと思います。「売れない」ことからも多く学べると思います。「事象」と「分析」を行ってください。
・質問に出た内容がまとめてあると更に分かりやすかったと思う。
・この取組で課題解決力を養うことが目的とのことだが、あくまでも目的・目標は地域活性化であり、このプログラムで行く以上その点を明確に打ち出してほしい。

【權五景ゼミ】酒粕で長岡を盛り上げよう!

【アドバイザーからのコメント】・酒粕を使って他にない圧倒的に旨い食品を作ることや飼料や肥料としての活用を考えることはまだまだ難しい面も多いかもしれませんが、「日本酒の長岡」のPRにはとても良いと思います。プロパガンダを意識すると長岡にとって非常に有意義になると思いました。頑張ってください。
・酒粕会議をやろうというアイディアを実行に移す行動力は高く評価したいと思います。今年度の発表では課題がたくさん出たようなので次につながるようにしていただきたいです。

各ゼミのアドバイザーからの質疑の様子

 
取組発表後にアドバイザーの方々と質疑応答を行いました。

総合アドバイザーからの評価コメント

株式会社フーゲツ 代表取締役社長
千葉 智 氏

【総合アドバイザー:千葉 智 氏】
<発表を見た視点>
1.上位目的との整合性はどうか。教育理念、地方創生の理念。これとの整合性、テーマ、取組内容はどうか。
2.現状把握、目標設定までの調査分析はどういうふうに行われたか。それを踏まえて目標設定をどうしたのか。
3.最終的には結果から振り返る。それを元に次の目標を立てる。
改めて目的との整合性を意識して取り組んでいただくと、より優れた社会人基礎力がつくと思います。

長岡市地方創生推進部 政策企画課課長
大矢 芳彦 氏

【総合アドバイザー:大矢 芳彦 氏】
地域活性化の中には人的活性化、物的活性化があると思います。抽象的ですが地域の元気があって、笑顔が絶えないことだと思っています。
地域が抱える課題は何か。まず課題を見つけることから始まり、その課題に向かって情報収集して分析していく。その中でこういった取り組みが考えられる、こういったことが有効なのではないかと進めていただければ、地域活性化という視点ではもっと良かったと思います。
どの取組も、次につながる継続的な取り組みとして、取り組んでいますので、今後もワクワク感が継続していき、期待感があってよいと思います。

取組に携わった全員で集合写真

塩沢信用組合理事長による「中小企業金融論」の特別講義を開催しました

12月4日(水)、後期授業科目「中小企業金融論」(担当教員:長谷川 勉 講師)において、塩沢信用組合理事長の小野澤 一成 氏をお招きし、「地域社会における信用組合の役割」をテーマにご講義いただきました。
小野沢理事長は「平成は競争の時代、令和は共存・協力の時代であり、『循環型経済』をつくる仕組みとして、例えば、家を建てる際に大手ハウスメーカではなく地元の大工さんに依頼すると、材料を地元企業から仕入れ、地元の人の給与等に還元される。小さなところから新潟県財政を立て直そうと試みている。」と話されました。

また、地域の子どもたちへの金銭教育として「2022年から成人年齢は18歳になります。選挙権を持ち、クレジットカードの作成や携帯電話の契約もできるようになります。しかし携帯電話料金の支払いをうっかり滞納すると、ブラックリストに載ってしまい、本当にお金を借りたいときに借りられなくなる危険があります。」と話されました。

他にも塩沢信用組合様が地域や地元企業のために行っている多くの取組みが紹介され、学生たちは身近な話題に熱心に聞き入っていました。
長岡大学では、他の授業においても多くの組織・企業等から講師をお招きし、実学実践教育を推進して参ります。

  

「2019年度4大学研究・活動発表会」を開催しました(西俣ゼミナール)

2019年11月23日(土)、24日(日)に「2019年度4大学研究・活動発表会」を開催しました。長岡大学、東北文化学園大学、金沢星稜短期大学、仙台青葉学院短期大学の4大学、約50名の学生と教員が参加しました。
23日には長岡市内のNaDeC BASEでワールド・カフェを開催し、交流を深めました。24日には長岡大学で研究・活動発表会を開催しました。「日米の教育の比較」「日本の奨学金制度の現状と課題」「日本が学ぶべきハワイの津波対策は?」など、多様なテーマで発表が行われました。本大学の学生は「長岡100年企業~老舗企業の魅力を発信するために~」「長岡でのヘンプの農業化を目指して~麻(ヘンプ)の多様性を伝え・活かす~」というテーマで発表を行いました。それぞれが準備した研究内容について、熱くプレゼンテーションをしていました。

 

 

 

權ゼミナールが「発酵のまち、長岡HAKKOtrip」に参加しました

11月9日(土)、私たち權ゼミナールは「発酵のまち、長岡HAKKOtrip」に参加しました。「発酵の不思議に触れる旅トリップに出よう」をテーマにメイン会場(長岡駅周辺)とサテライト会場(宮内駅周辺、摂田屋エリア)で発酵に関する多くのイベントが開催されました。
私たちはアオーレ長岡の「発酵マルシェ」で十分杯の実演、販売、展示を行いました。ゼミ生の一人はサテライト会場の宮内駅で酒粕等に関する講座を受講しました。
発酵に関するイベントへの参加は初めてで、人が来てくれるか不安でした。十分杯は、購入しやすい価格設定にしたり、大学祭の時よりも販売に力を入れたりしたので、売れ行きがよかったです。今後のイベントでは、「十分杯を販売する」という目標の前に、「十分杯を知ってもらう」ことが目的の活動であることを忘れないようにしたいと思いました。つい目先の成果にとらわれてしまいがちですが、十分杯を知ってもらうことは、販売にもつながるということを意識し、十分杯の魅力を精いっぱい伝えられるよう心掛けていきたいと思います。

權ゼミナール4年 池田 哲

 

インターンシップ成果発表会を開催しました

11月13日(水)、科目「インターンシップ」を履修する3年生14名および「現場体験プログラム」を履修する2年生1名が、夏休み中に参加したインターンシップでの成果を発表しました。参加学生は、4月から企業研究やビジネスマナー講習に取り組み、約1 0日間の実地研修を行い、学内での発表練習を経て本番に臨みました。当日は一部の受入企業・機関様にもご参加いただき、緊張感のある中で発表会を行いました。学生たちは研修を通して得た新しい発見や、体験から身に付いた社会人基礎力、そして今後の課題について堂々と発表していました。

【最優秀賞】
・尾坂 彰  (3年)
・智野 虎太郎(3年)

【優秀賞】
・池島 大樹 (3年)

 

 

 

糸魚川信用組合理事長による「中小企業金融論」の特別講義を開催しました

11月6日(水)に本学224講義室で、後期授業科目「中小企業金融論」(担当教員:長谷川 勉 講師)において、糸魚川信用組合理事長の黒石 孝 氏をお招きし、「協同組織金融について 糸魚川信用組合を例に」をテーマにご講義いただきました。
初めに糸魚川市の紹介と信用組合と銀行の違いについて説明がありました。糸魚川信用組合には地域振興を行う「まちづくり推進室」があり、「まちの存亡は、いとしんの存亡」として、地域の当事者や行政と連携した活動を行っていること、また糸魚川市駅北大火からの復興に取り組んでいることをお話いただきました。受講した学生にとっては大変貴重な機会になりました。
長岡大学では、他の授業においても多くの組織・企業等から講師をお招きし、実学実践教育を推進して参ります。

特別講義の模様

糸魚川信用組合理事長 黒石 孝 氏

令和元年度保護者懇談会のご報告

今年度も悠久祭と同日開催で、10月26日(土)に保護者懇談会を開催いたしました。
多くの保護者の方(全体会:53名、個人懇談:36名、就職相談:15名)にご参加いただきました。
全体会では教務・学生・就職関係の説明に加えて、卒業生と4年生の就職内定者から就職活動体験談を話していただきました。これから就職活動を迎える学生の保護者の皆様にはご参考になったのではないでしょうか。
保護者懇談会アンケートからは、「とても理解しやすい」「だいたい理解しやすい」とのご回答が100%で、本学の説明が十分に保護者の方々へ伝わったものと実感できました。
その後、事前申込されていた保護者の方と個人懇談・就職相談を実施しました。お子様の大学での状況やこれからに向けたアドバイス等を担当する教職員から直接聞ける機会として、お役に立てたかと思います。
来年度も多くの保護者の皆様のご参加をお待ちしております。

当日のプログラム

時 間 内 容
13:00~14:20 全大会 学長挨拶
教務・学生関係説明(大学教育、進級、卒業、資格、学生生活など)
就職関係説明(就職状況、大学の指導体制など)
本学OBOGによる就職活動体験談
・鈴木 絵莉香さん(平成30年度卒、エヌエスエレクトロニクス株式会社)
・吉原 文登さん(平成30年度卒、源川医科器械株式会社)
・永井 ひとみさん(4年生内定者、第四北越フィナンシャルグループ)
・片桐 慶太さん(4年生内定者、株式会社高儀)
14:20~16:15 個人懇談 ゼミナール担当教員との懇談(事前申込をされた保護者)
14:20~16:15 就職相談 就職支援室職員との相談  (事前申込をされた保護者)

※個人懇談・就職相談は、当日プログラムのご都合が合わない保護者の方は、当日午前中もしくは翌日等に行いました。

【教務・学生関係説明】 【就職関係説明】

学長 村山光博

就職委員長 吉川宏之
【本学OBOGによる就職活動体験談】

鈴木 絵莉香さん(H30年度卒)

吉原 文登さん(H30年度卒)

永井 ひとみさん(4年生内定者)

片桐 慶太さん(4年生内定者)

保護者懇談会アンケート結果

説明のわかりやすさ

来年も参加を検討するか(1~3年生対象)

保護者懇談会参加者からのご意見・ご要望(抜粋)

・学校のことがとても詳しく説明があり、よかったです。学生のためにいろいろな支援があることを知りました。
・卒業生、4年生内定者の体験談がとてもためになりました。実体験から発する言葉には説得力がありました。
・体験談については、学生向けにお話したら良い内容かと思いました。
・保護者向けに難しくなく、子供をサポートするアドバイスを簡潔にお話していただけると良い気がします。(講演ではなく)
・就職までの道のりが、とても大変なイメージ。親が出来ることは何があるのか…真剣に考えようと思った。
・就職支援室とハローワークとの関係。役割分担等しているのか。
・障がいを持つ学生への支援はとても心強いが、グレーゾーンの学生への対応も丁寧にお願いしたい。(障がい受容ができるように特に保護者へ)

保護者の方々からのご意見・ご要望を来年度保護者懇談会において参考にさせていただきます。

令和元年度学生による地域活性化プログラム成果発表会のご案内(12/7)

学生による地域活性化プログラム成果発表会は終了しました。皆様のご来場、誠にありがとうございました。
このプログラムは、学生が地域の課題を対象に調査研究を行い、学生の社会人基礎力、企画・提案力の開発と地域活性化への貢献を実現することを目的としています。学生の調査研究の結果や地域貢献活動に対して地元の方々から高い評価をいただく長岡大学の教育プログラムです。発表会では、6 ゼミ、8 取組の学生が今年度の成果を発表し、担当アドバイザーから講評をいただきます。ぜひ、学生の発表をご覧ください。
皆さまのご来場お待ちしております。
 成果発表会のチラシはこちらから

〔日時〕2019年12月7日(土)13:00~16:30(受付開始12:15)

〔会場〕ホテルニューオータニ長岡NCホール >>交通アクセス
※ホテル及び周辺駐車場は有料駐車場のみです。公共交通機関をご利用ください。
〔締切〕 12月2日(月)まで  〔定員〕 300名(先着) 入場無料

〔プログラム〕 >>令和元年度の取組概要はこちら

1 石川英樹ゼミ 栃尾地域のPRによる活性化
~商品の開発・販売とバスツアーの観光開発~
2 鯉江康正ゼミ 「 まちの駅」から地域の魅力を発信し、
      地域を盛り上げたい!
3 權五景ゼミ 十分杯で長岡を盛り上げよう!
4 平田沙織ゼミ  商いを通じて学ぶ会計と経営戦略
-地域に貢献する商品開発を通じて-
5 栗井英大ゼミ 長岡の誇れる地域資源を若人に広めよう!
6 広田秀樹ゼミ グラスルーツグローバリゼーション
-草の根・地域からの人類一体化の推進
7 平田沙織ゼミ 商いを通じて学ぶ会計と経営戦略
-繁盛する模擬店を目指して-
8 權五景ゼミ 酒粕で長岡を盛り上げよう!


学生たちの発表をぜひご覧ください。

〔総評〕
株式会社フーゲツ  代表取締役社長  千葉 智 氏
長岡市地方創生推進部 政策企画課 課長 大矢 芳彦 氏
◆主 催/長岡大学
◆後 援/長岡市・長岡商工会議所・NPO法人長岡産業活性化協会NAZE・公益財団法人にいがた産業創造機構

お問合せ・お申込み 締切日:12月2日(月)

参加希望の方は、申し込みフォーム・E-mail・電話でお申し込み下さい。申込順の受付となります。
〔連絡先〕
長岡大学 教務課
TEL. 0258-39-1600(代)  FAX. 0258-33-8792
〒940-0828長岡市御山町80-8
E-mail:kyoumu-g@nagaokauniv.ac.jp
※ご利用の際には@(全角)を@(半角)に置換してください。
 チラシ(申し込み用紙)

成果発表会申込みフォーム

氏名 (必須)
(カナ)
 例 ナガオカ ハナコ
(漢字)
 例 長岡 花子

性  別

所属・会社等

住所 ・連絡先(必須)

電話番号 (必須)

メールアドレス (必須)

 

紅屋重正×長岡大学が共同開発したハレハレはなび発売のご案内

平田ゼミナールでは、長岡大学の特徴的なプログラムのひとつである「学生による地域活性化プログラム」に参加し、平田ゼミナールの方針である「商いをベースとして会計を実践的に学ぶこと」をテーマに長岡市を盛り上げるような新しい商品の開発を行っています。今回、大手饅頭で有名な紅屋重正様と長岡大学が共同し、長岡市と干菓子の素晴らしさを詰め込んだ商品を作ることによって、長岡地域の活性化を図ると同時に、干菓子を食べた人に笑顔になってもらいたいと考えています。

【商品名】
ハレハレはなび

【コンセプト】
「今日も1日ハレますように」
このコンセプトには「食べた人のお顔をハレにする」、「長岡の夜空をハレにする」、「食べればたちまちハレの日(特別な日)になる」という願いが込められています。

【商品概要】
・長岡市の代名詞とも呼ばれる長岡花火をモチーフにしたカラフルな干菓子です。
・子供連れのご家族や30~40代女性をターゲットに長岡のお土産として販売します。
・価格:1,500円です。
・ 中の干菓子は、半球状を2つ重ねて花火の玉をイメージしました。半球をオレンジ、
半球を黄色にしたものを2つ合わせにして、白い和紙で包み、1か所だけねじるようにして包装しています。
・ パッケージはわっぱ風の容器に、学生が考えたオリジナルのパッケージシールが貼られています。

【悠久祭での販売】
・ 悠久祭では、特別バージョンで
「ハレハレはなび」+大手饅頭2個セットを1,500円で販売します。
(販売予定個数:限定60個)

【販売場所】
・悠久祭 10月26日(土)、27日(日)
・紅屋重正様の売店(11月中旬予定)
その他、スーパーや土産物店での販売を予定しています。

權ゼミナールが「越後長岡酒の陣」に参加して「十分杯」の広報活動を行いました

10月5日(土)、權ゼミナールが「越後長岡酒の陣」に参加しました。午前11時から午後5時までのイベントで「十分杯」の広報活動を行いました。
前日は遅い時刻まで大学に残って、事務職員の皆さんにお世話になりながら準備作業(主に、印刷、荷造り、実験道具作り)をしました。

当日朝の設営です。これまでの研究成果をA1サイズの大きい紙にカラー印刷したものを貼り、見栄え良く工夫しました。

 

 

 

 

 

ケーブルテレビから取材されている風景です。

枡の知足十分杯(写真左)は1日を通して4個、陶器の米百俵十分杯(写真真ん中)は6個買っていただきました。

 

 

 

 

県外から来た方も私たちのブースに来ることがありました。

 

 

 

 

 

 
来場者向けのブース案内スピーチの様子です。4年生のスピーチは会場内を大いに盛り上げ、司会者からもお誉めの言葉をいただきました。

ブースはステージの真横でしたが、人の流れは斜め前を通りすぎていくだけでした。場所が良いとは思っていましたが、ブースを離れての呼び込み等が必要になってくると感じました。ですが、多くの方からテレビとか新聞で見て十分杯のことを知っているというお話をたくさん聞きました。もしかすると、それが原因で来場者が少なかったかもしれません。その仮説が当てはまるとしたらこれまでのゼミ活動が微力ながら十分杯の広報活動に役だったのではないかと感じました。

最後に、参加学生が3名と今まで酒の陣に参加したときの中で一番少ない人数でした。今後はゼミ生一丸となってイベントを迎えられるように努力します。

權ゼミナール

 
長岡大学十分杯コレクション(長岡大学3号館地域交流ホールにあります。自由に見学できます。)

ホーム > 教育・学術

Copyright © 長岡大学 All Rights Reserved.