Home > 教育・学術

教育・学術

髙橋ゼミⅣの学生が「歴史・文化の会」から表彰されました

髙橋ゼミナールⅣの学生たちは、長岡市(旧越路町)神谷集落に残る古い写真の収集とデジタル化により、故郷の歴史文化を見つめ直す活動をしている「歴史・文化の会」からの依頼を受け、2018年春から、地元の名士、高橋九郎翁の史跡をめぐる案内看板のデザイン、髙橋九郎翁史蹟巡りマップ、漫画「髙橋九郎物語」の作成に取り組んできました。
11月11日(日)に行われた案内看板除幕式において、学生たちの協力に対して感謝状が贈られました。


歴史・文化の会より高橋ゼミ生へ感謝状贈呈

長岡大学 高橋治道ゼミナール
青木直也、大沼紗耶加、佐藤達哉、佐藤宥
島彩矢香、高山汐音、長谷川莉奈、深瀧玲南
(左)漫画「髙橋九郎物語」
(右)髙橋九郎翁史蹟巡りマップ
※平成30年度越路地域ふるさと創生基金事業により発行

●漫画「髙橋九郎物語」
4コマ1話で、19話にまとまっている。

生誕、少年時代から地主、政治家として多くの功績を
残すまでを紹介。
●髙橋九郎翁史蹟巡りマップ
地図と写真を使い、カラーでわかりやすく表示されている。
以下の案内を掲載。
・髙橋九郎翁史蹟案内図
・神谷地区案内図
・もみじ園案内図
・交通手段

漫画およびマップの配布については、下記までお問い合わせください。
歴史・文化の会
0258-92-2156

インターンシップ成果発表会を開催しました

11月14日(水)、科目「インターンシップ」を履修する3年生11名および「現場体験プログラム」を履修する2年生2名が、4月から企業研究やビジネスマナー講習に取り組み、夏休み中の約1 0日間の実地研修を経て、その成果を発表しました。
 当日は一部の受入企業・機関様にもご参加いただき、緊張感のある中で発表会を行いました。学生たちは研修を通して得た新しい発見や、体験から身に付いた社会人基礎力、そして今後の課題について堂々と発表していました。
 

信用組合理事長による「中小企業金融論」の特別講義を開催しました

11月7日(水)に本学224講義室で、後期授業科目「中小企業金融論」(担当教員:長谷川 勉 講師)において、糸魚川信用組合理事長の黒石 孝 氏をお招きし、「協同組織金融のかたち」をテーマにご講義いただきました。
受講した学生にとっては、地域社会における信用組合の役割や地域限定の事業を展開する信用組合の強みを知る大変貴重な機会になりました。
長岡大学では、他の授業においても多くの組織・企業等から講師をお招きし、実学実践教育を推進して参ります。


特別講義の模様

糸魚川信用組合理事長 黒石 孝 氏

平成30年度保護者懇談会のご報告

10月27日(土)の悠久祭(大学祭)と同日開催で保護者懇談会を開催し、多くの保護者の皆様にご参加いただきました(全体会:33名、個人懇談:48名、就職相談:14名)。
全体会では本学の教育、学生生活、就職に関する報告に加えて、4名の本学卒業生から就職活動体験談を話してもらいました。各卒業生の現況や就職活動でのエピソードはこれから就職活動を行う在学生をお持ちの参加者の皆様にとっても参考になったのではないでしょうか。
全体会についての参加者へのアンケート結果からは、「とても理解しやすい」「だいたい理解しやすい」との回答が100%で、本学の説明について保護者の皆様にも理解を深めていただけたようです。
個人懇談と就職相談では、教職員と各保護者との個別の懇談を行い、各学生の大学での様子についての報告や今後に向けたアドバイス等を行いました。
参加いただいた保護者の皆様には深く感謝申し上げます。また来年度も多くの皆様のご参加をお待ちしております。

当日のプログラム

時 間 内 容
13:00~14:20 全大会 学長挨拶
教務関係説明(大学教育、進級、卒業、資格など)
学生関係説明(大学生活など)
就職関係説明(就職状況、大学の指導体制など)
本学OBOGによる就職活動体験談
・廣川 友香さん(平成27年度卒、柏崎農業協同組合)
・中曽根 湧さん(平成29年度卒、株式会社ウオロク)
・金子 玲奈さん(平成29年度卒、柏崎市役所)
・小林 拓史さん(平成29年度卒、株式会社高助)
14:20~16:15 個人懇談 ゼミナール担当教員との懇談(事前申込をされた保護者)
14:20~16:15 就職相談 就職支援室職員との相談  (事前申込をされた保護者)

全大会の様子

   
【教務・学生関係説明】 【就職関係説明】

村山学長

就職支援室 藤間専門員
【本学OBOGによる就職活動体験談】

廣川 友香さん

中曽根 湧さん

金子 玲奈さん

小林 拓史さん

保護者懇談会アンケート結果

説明のわかりやすさ

来年も参加を検討するか(1~3年生対象)

保護者懇談会参加者からのご意見・ご要望(抜粋)

・これから子のために何が出来るか、子が何をして欲しいかなど子の目線で聞けて良かった。
・成績の評価についてよく聞けたと思う。
・就職活動の体験者の話が聞けて良かった。
・4名のOB・OGの方より異職種就職についての色々なお話が聞けて良かった。
・今年度の就職状況(現状)をもう少し詳しく知りたかった。
・大学について、様々な情報を得ることが出来た。
・卒業生の生の声や体験談が参考になった。

保護者懇談会に参加できなかった保護者からのご意見・ご要望への回答

ご意見・ご要望 回答
1年次、2年次から積極的に夏季インターンシップに参加するよう勧めていただきたいと思います。3年夏季になってからの業界研究では遅いように思います。 本学では2年次で「現場体験プログラム」、3年次で「インターンシップ」の履修が可能で、早期から実践的な就業意識の形成と、主体的な職業選択への意欲喚起に向けて取り組んでいます。
履修者以外でもインターンシップには参加可能で、様々なサポートを実施しています。また「企業見学バスツアー」を定期的に開催し、県内企業を知る機会を学生に提供しています。
各種イベント等の情報提供は随時行っていますので、今後も引き続き取り組んで参ります。
テスト前の補講期間があったために長期休暇がズレるよりは土曜日に補講をしてほしい。(帰省時がお盆にぶつかって大変でした) 前期と後期の試験前に補講期間を設けて、補講をしています。土曜日はアルバイト等予定を入れている学生が多く、補講をしても欠席が多くなります。大学として休講をできるだけなくし、補講がないようにしていきます。
保護者の懇談会の回数を増やしてほしいです。 本学学園祭(10月最終の土日)に合わせて後期に実施しておりますが、前期での実施も検討します。
どんな生徒でも気軽に何でも相談が出来る先生方であってほしい。 相談体制は整えておりますので、今まで以上に学生に周知をしていきます。また、学生が相談しやすいように教職員からの声がけをしていきます。

保護者の方々からのご意見・ご要望を来年度保護者懇談会において参考にさせていただきます。

米山ゼミナールが「プラレールで遊ぼう」を開催しました

11月4日(日)長岡大学体育館において、親子交流および多世代交流支援を目的に米山ゼミナールが「プラレールで遊ぼう」を開催しました。
当日は天気も良く、223名が参加して体育館いっぱいにレールが引かれました。お父さんが頑張っていたり、お母さんが夢中になっていたり、おばあちゃんやおじいちゃんと工夫しながら楽しんでいる子どもたちがたくさんいました。
米山ゼミ生の他に長岡商業高等学校ボランティア部からも4名が参加して、一緒にイベントを盛り上げてくれました。
私が関わった女の子は、おばあちゃんと一緒に、初めてプラレールをしたようで、様々なレールを工夫しながらつなぎ、とても嬉しそうな笑顔を見せてくれました。
プラレールイベントは、「楽しさ」を親子間で感じてもらうことで児童虐待防止につながると思います。また親子の笑顔が見られたり、赤ちゃんを抱っこできたりと、普段学生ではできないことを体験できました。お越しくださったみなさん、ありがとうございました。

米山ゼミナール ゼミ長 齋藤 萌絵(4年)

 

 

 

 

平成30年度第1回資格表彰式を開催しました

10月31日(水)「平成30年度第1回資格表彰式」を開催しました。本学では資格取得を目指す学生を支援するために、取得した資格に応じて奨励金を支給する「資格取得奨励金制度」があります。平成30年度前期は43名(60件)の申請があり、表彰式では参加した学生14名一人ひとりに村山学長から奨励金が手渡されました。
学生を代表して、中小企業診断士試験1次試験に合格した星野瑠惟さん(3年)がお礼の言葉と抱負を述べました。その後、学生、教職員と懇親会を行いました。今後もこの会を継続し、学生がさらに上の資格を目指し、自分の目標とする将来に繋がるよう支援していきたいと思います。

次 第
1.表彰式
2.学生代表お礼  星野瑠惟(ほしの るい)(3年)
3.お祝いの言葉  長岡大学長 村山光博
4.記念撮影
5.懇親会

>> 資格取得奨励金制度についてはこちら
 
資格表彰・奨励金授与
 
学生代表 星野瑠惟「資格は履歴書のアクセサリー。押しつけでする勉強ではなく、自分からする勉強は楽しい。」
 
お祝いの言葉 学長 村山光博

 
学生、教職員と懇親会

鯉江ゼミがFMながおか「長大生と行く、ヒアリングGO」のパーソナリティとして活動開始!

鯉江ゼミナールの学生がパーソナリティーとなり、長岡にあるまちの駅を紹介するコーナー「長大生と行く、ヒアリングGO」がFMながおかでスタートします。
10月25日に「まちの駅長岡大学」の取材を行いました。
初めての活動で分からないことがたくさんありましたが、初回が長岡大学のため、取材は順調に進みました。今後、取材する駅も多くあるため、長岡大学における学修を生かし、いい放送になるようゼミ生全員で頑張ります。
初回は11月15日(木)8時5分にFMながおかで放送されます。
ぜひ、お聞きください!
 
まちの駅 長岡大学
 
まちの駅 駅長 品川事務局長にヒアリング
 
ヒアリングのまとめ

鯉江ゼミがハロウィンみつけに参加しました

10月13日(土)に見附市中央公民館で開催された「ハロウィンみつけ」に鯉江ゼミナールが9人で参加しました。ステージの飾りつけや会場設営を行い、仮装コンテストに出場しました。仮装コンテストではゼミ生全員で仮装をし、ステージで鯉江ゼミの留学生がモンゴルの子供たちが行う指遊びを披露しました。会場の皆さんが参加してくださり、とても盛り上がることができました。そのおかげで鯉江ゼミナールは特別賞をいただくことができ、とても嬉しかったです。

鯉江ゼミナール 鈴木絵莉香(4年)

 

 

企業経営者による「原価計算」の特別講義を開催しました

10月17日(水)に、本学の226講義室において企業経営者による「原価計算」の特別講義を行いました。
 本学の後期授業科目「原価計算2」(担当教員:山田 康博 講師)で、株式会社片山抜型製作所 代表取締役の金子 一 氏をお招きし、「原価計算の捉え方、計算法、活用法」をテーマにご講義いただきました。
 受講した学生にとっては、地域企業の実践例を交えたわかりやすいお話を通して実際の経営の中で原価計算等がどのように活用されているのかを知る貴重な機会になりました。
 長岡大学では、他の授業においても多くの企業講師をお招きし、実学実践教育を推進して参ります。
 

 

家族みんなで『プラレールで楽しく遊ぼう』のご案内(11/4)

家族みんなで『プラレールで楽しく遊ぼう』は終了しました。皆様のご来場、誠にありがとうございました。

長岡大学の広い体育館で、プラレールを走らせよう。
お父さん・お母さん・おじいちゃん・おばあちゃんも一緒に楽しみましょう。
米山ゼミナールがお待ちしています。

日時:平成30年11月4日(日)10時~15時
場所:長岡大学体育館(3号館アリーナ)
≪参加無料、駐車場あり≫

【メリット】
●レールを伸ばすことで、イメージを膨らませて、工夫しながら作れる
●想像力から子ども自身の創造性が発揮される
●様々なレールを使うことで、目でよく見ながら指先を上手にコントロールする力を養える
●失敗を繰り返しながらも、じっくりと物事に取り組む集中力も培われる
●親子で一緒に「作って遊ぶ」楽しさを分かち合える

交 通

交通アクセス

ホーム > 教育・学術

Copyright © 長岡大学 All Rights Reserved.