学部紹介Faculty

Educational Programs

地域連携教育プログラム

地域との交流を通じて 社会人基礎力を身につける!

地域志向科目とは、「地域の実態把握、現場・企業の体験および地域課題解決等を行う授業科目」です。
本学における主な地域志向科目は以下の通りです。

地域志向科目

  • 新潟の歴史
  • 地域経営
  • 経済・経営の現場を知る
  • ボランティア体験
  • 現場体験プログラム
  • 大学を飛び出して地域を知ろう
  • 地域活性化論
  • 地域福祉論
  • 地域経済論
  • 地域分析

学生による地域活性化プログラム

学生の社会人基礎力、企画・提案力の開発と
地域活性化への貢献を同時に行うプログラム
学生が地域の課題を対象に調査研究を行い、学生の社会人基礎力、企画・提案力の開発と地域活性化への貢献を実現することを目指します。

学生の職業人としての基礎的能力を鍛えるだけでなく、学生の調査研究の結果や地域貢献活動に対して地元の方々から高い評価をいただいている長岡大学の教育を象徴するプログラムです。

プログラムスケジュール

「充実した地域志向科目と実学実践教育」で学生が確実に成長する

1ゼミナール公募・実課題設定・企画書作成

  • 参加ゼミの公募
  • 地域の課題検討
  • ゼミで取り組む実課題の設定
  • 調査研究計画書の作成
  • 学生の役割分担決定

2資料収集・分析、アンケート票作成

  • 資料収集・分析法の学習
  • 資料分析
  • 調査研究ポイントの整理
  • ヒアリング対象設定・ 地域連携アドバイザー候補抽出
  • アンケート票の作成

3ヒアリング・アンケートの実施・分析

  • ヒアリング・アンケート実施の確認
  • ヒアリングの連携アドバイザーの確定
  • ヒアリング・アンケートの実施と分析
  • ヒアリング・アンケートのまとめ
  • 中間まとめ

4調査研究報告書の作成

  • 調査研究・提案書の書き方の学習
  • 調査研究報告書の作成
  • 提案書の作成
  • プレゼンテーション資料の作成

5調査研究の発表

  • 発表会の開催

6報告書の印刷・公表

  • 報告書の完成

地域を舞台に学び、 魅力ある地域づくりを考える

令和3年度の学生による地域活性化プログラム取組概要

広田 秀樹 ゼミナール

グラスルーツグローバリゼーション―草の根・地域からの人類一体化の推進―

私たちは、現在進行している人類一体化の歴史的潮流であるグローバリゼーションを、草の根・地域レベルから推進し、人類共生に貢献します。

具体的には、世界から私たちの地域に来てくださった外国の方と積極的に交流し、その方の母国の歴史、文化、社会などについて、最大限の敬意をもって学び、世界的視野を広げます。そして、その地域国際交流で得た世界的スケールの知識・情報を、地域の方に伝える国際理解教育を推進します。

鯉江 康正 ゼミナール

「あかりの駅」でヒアリング

「まちの駅」を紹介するパネル

ゼミで「まちの駅」の
パンフレットを制作

コロナ禍における「まちの駅」の新たな交流・連携のあり方を考える

本ゼミでは、まちの駅をフィールドとした調査・研究を平成19年度から行っています。これまでは、県内にある約130の「まちの駅」の紹介パネル作成、長岡・見附地域のまちの駅関連イベントのお手伝い、まちの駅交流会の企画・実施・参加、まちの駅全国大会への参加など多くの活動をしてきました。

しかしながら、昨年度(令和2年度)以降は新型コロナウイルスの影響で多くの活動ができにくくなっています。そこで、本年度はテーマにあるように、あらたな交流・連携のあり方を模索すべく、長岡・見附・県外のまちの駅ネットワークを対象にアンケート調査を実施し、コロナ禍における活動のあり方を検討する。併せて、安全性を確保したうえで、パネルの作成やイベントには協力していきます。

石川 英樹 ゼミナール

雁木通り空き家活用による
ミニアクアリウム

中心市街地フォトコンテスト

栃尾繊維活用の商品開発

栃尾地区活性化に向けたPR事業、にぎわい創出事業

栃尾地区のPRにつながる取り組みを進めます。昨年度の栃尾フォトコン2020で応募いただいた写真を活用したフォトラリーなどの新たなイベントを開催し、域外から人々を呼び込むとともに写真の活用等により、栃尾地区の域外へのPRを目指します。

さらに、栃尾地区のにぎわい創出につながる取り組みを進めます。昨年度の活動で整備された雁木通りの古民家再生ギャラリーを活用して、長岡の錦鯉によるアクアリウムを開催して中心市街地でのにぎわい創出とともに長岡錦鯉養殖産業のPRを目指します。アクアリウムでは存続が危ぶまれている杜々の森名水公園などの緑をPRするイベントを試みます。昨年度に引き続き、栃尾高校との協働も進めていきます。

權 五景 ゼミナール

十分杯を世界に知らせよう!

長岡の文化遺産であると同時に、変わった形の杯である「十分杯」を活用し、長岡を代表する観光資源の一つにすることを目標としています。

ところが、まだまだ市民の認知度が低いという難題があります。そのため、これまでは市内での広報活動に力を入れてきましたが、動画サイトが急速に利用されている現状を前向きにとらえ、これからは十分杯に関する動画制作を行うことで十分杯と長岡を世界中に知らせていきたい。

栗井 英大 ゼミナール

オープンファクトリーで長岡を活性化!

長岡市の工業は、東山油田の開発に伴う石油掘削機械の製造・修理等を機に発展したとされています。第二次世界大戦後、それらの企業は、工作機械・鋳造業等に変貌を遂げ、また、工作機械製造を支える、めっき・表面処理、鍛造業といった企業も集積、発展し、今日に至っています。すなわち、機械・金属関連産業は、長岡の地域資源と言うことができます。

一方、地域の人々の中には、その事実を知らない人も多く存在します。そこで、普段は閉ざされている工場、すなわちモノづくりの現場を社外の人々に公開する取り組み「オープンファクトリー」の開催によって、機械・金属関連産業の「見える化」を図っていきたいと考えています。それにより、地域内の人々に広める、あるいは、再認識してもらうことを目指していきます。

生島 義英 ゼミナール

長岡市摂田屋の魅力を高め、観光客を増やし、地域活性化を図る

長岡市の衰退の勢いを止め、地域を活性化する活路のひとつとして考えられることは、観光客を増加させ交流人口を増大させ、観光振興を図ることが重要な方策です。すなわち「観光まちづくり」による長岡市の活性化を図ることと考えていきます。

本ゼミナールの研究では「歴史ある醸造のまち」長岡市摂田屋地区に焦点を絞り、この地域における「観光まちづくり」をどのように進めれば地域の活性化が図れるのかを研究しています。

武本 隆行 ゼミナール

主体性を礎にした、ネットに頼らない情報の収集と課題の探索

ラジオは、災害など有事の際にニーズの高まりをみせる媒体です。コロナ禍という前例のない非常事態にある今だからこそ、ラジオの特性を十分に活かし、学生ならではの視点による長岡市の魅力や課題を発信していきます。

主体性を重視する意味から少人数でのチーム制をとり、「持ち込み企画」として番組案を練った上で、不採用もある前提でラジオ局の編成担当者にプレゼンテーションを行います。採用された暁には生放送枠にて11月頃の放送を予定しています。本件は「FMながおか」の全面協力により実施していきます。

坂井 一貴 ゼミナール

「地域の課題×若年層の情報スキル」による地域をより良くするための方策

本ゼミナールでは、昨年度に検討した地場産業、およびキャンプ×MaaSをベースに、他の年代と比較して若年層が長けている情報スキルを組み合わせて地域の財・サービスの高付加価値化を目指し、地域活性化を図りたいと考えています。

具体的には、情報スキルに自信のない農家等に対して、情報スキルや市場環境等のノウハウを提供しインターネット上で域外の人たちにより付加価値を付けた財として販売する仕組みを構築していくための活動を計画しています。

また、キャンプについては新型コロナウイルスによる行動制限が大きく旅行需要が減少しているため、今年度はInstagramやTwitterアカウントにより新潟県内のキャンプ場等の情報発信に努め、将来の需要創出のための準備を行う予定です。

喬 雪氷 ゼミナール

きもの文化村構想の試み~十日町地域における新たな可能性~

グローバリゼーションが拡大する世の中、個人の生活も世界情勢の変化に影響されています。真の国際化とは、畢竟自国の文化を大切に守り、受け継ぎ、世界に発信することから始まると考えています。

本ゼミナールでは、「蚕、織物、絹生活、文化村構想」をキーワードとして、「みどり繭」を原材料として「絹生活研究所・Silk life lab」のブランド商品の開発・販売戦略を学習しながら、十日町「文化村構想」を実課題として取り組んでいきます。活動を通じて、経営戦略、資金調達、アトリエ企業誘致、予算管理、利益計画など財務会計と管理会計の知識を実践的に習得することを目指します。

高島 幸成 ゼミナール

小学生のプログラミング教育を通した地域活性化活動

本ゼミナールは、小学生に対するプログラミング教育を通して、子供に対して小資本で高付加価値を生み出すことが可能な情報産業技術者を目指すきっかけ作りを行い、10年、20年後の長岡市内の平均所得向上の一助となることを目指します。

初年度にあたる本年度は、プログラミングを学ぶ楽しさを伝え、学びのきっかけ作りとなる実際のプログラミング教室の開催によって、イベント運営のひな型を構築します。また、2020年度に始まった小学校におけるプログラミング教育の状況に対するヒアリングを予定しています。

学生による地域活性化プログラム活動報告書

学生による地域活性化プログラム活動報告書は、長岡大学学術情報リポジトリでご確認ください。

カタチになった学生たちのアイデア

ガトウ専科様と共同開発新潟コイクッキー

米粉×コイ×越後姫。新潟の魅力をこの一枚に詰め込みました。
売上の一部を全日本錦鯉振興会新潟地区に寄付します。

ガトウ専科×ひなたのコラボアルバム「sweets」には学生が作詞に携った「新潟コイクッキー」の歌も収録。

ガトウ専科様にて販売中
10枚入り 920円(税込)

紅屋重正様と共同開発ハレハレはなび

長岡の代名詞とも言われる長岡花火をモチーフに美味しい干菓子を作りました。

「食べた人のお顔をハレにする」「長岡の夜空をハレにする」「食べればたちまちハレの日(特別な日)になる」そんな思いを込めました。

紅屋重正様にて販売中 900円(税込)

アクセス
学長メッセージ
年間スケジュール
学部紹介
シラバス
学納金・奨学金
米百俵ドリル ベーシックコース
米百俵ドリル スタンダードコース
米百俵ドリル SP1
長岡大学付属図書館
長岡大学同窓会
学校法人中越学園 中越高等学校
高等教育コンソーシアムにいがた
まちなかキャンパス長岡