新型コロナウイルス感染症への対応について【第3報】

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は、未だ国内外において感染が拡大しており、4月7日には政府から「緊急事態宣言」が出される中、予断を許さない状況にあります。本学においても新型コロナウイルスの拡大防止について、学生の皆さんの協力を得ながら進めて参りましたが、やむを得ず前期授業開始日を再延期せざるを得ない状況になりました。そこで、あらためて学生の皆さんに留意していただきたい事をまとめましたので、確認して対応をお願いします。

なお、状況は日々変化しておりますので、今後も本学の対応を変更せざるを得ない場合も想定されます。学生の皆さんは定期的に本学のウェブサイトおよび学生メールにて最新情報を確認してください。

1.健康観察を行ってください

・毎朝、検温を行い、その他のチェック項目とともに『体調管理表』に記入してください。
・風邪の症状(37.0℃以上の発熱、咳、のどの痛みなど)が見られるときは、登校せず自宅で療養し、検温と症状観察をしてください。
・体調不良により授業等を欠席する場合は、大学に連絡してください。

2.体調の維持・管理をしてください

・睡眠時間を十分に確保してください。
・生活リズムを整え、心身を良好に保つ工夫をしてください。
・栄養バランスの良い食事を心がけて、免疫力を高めてください。

3.不要不急の外出は避けてください

・不要不急の外出は避けてください。
・4月7日に「緊急事態宣言」が発出された、7都府県(東京、千葉、神奈川、埼玉、大阪、兵庫、福岡)への往来、またその後に同じく「緊急事態宣言」(県独自を含む)が発出された地域への往来は禁止します。
・やむを得ず「緊急事態宣言」が発出された地域を訪れた場合には、現地から戻った後2週間は登校せず自宅で健康観察を行ってください。

4.3密を避けてください

・密閉空間(換気の悪い密閉空間である)、密集場所(多くの人が密集している)、密接場面(互いに手を伸ばしたら届く距離での会話や発声が行われる)という3つの条件が同時に重ならないように注意してください。
・コンサートや複数人での飲食、アミューズメントパークなどの人が多く集まる場所へ行くことを控えてください。
・人混みや公共交通機関利用時はマスクを着用し、適宜手指の消毒を行ってください。

5. 海外渡航を禁止します

・全世界に対する感染症危険情報レベル2以上が発出されていることから、すべての国への海外渡航を当面禁止します。
・やむを得ず海外から入国・帰国する場合には、渡航後2週間は登校せず自宅で健康観察を行ってください。

6. 課外活動・サークル活動の感染対策について

・課外活動・サークル活動は当面禁止します。
・3号館の体育館、トレーニングルーム、部室、学友会室、和室の使用は当面禁止します。

7. 感染したと疑われる症状や事実がある場合

・その地域の「帰国者・接触者相談センター(保健所)」に相談してください。
・同居している家族等に感染したと疑われる症状がある場合は、登校せずに、その地域の帰国者・接触者相談センター(保健所)や大学等の指示に従ってください。
・その際、必ず大学にも連絡してください。(学生課:0258-39-1600)

8. 相談窓口について

・自分の体調に不安がある、感染者と接触したかもしれない、自分の周囲に感染が疑わしい人がいるなど、何か心配事がありましたら遠慮することなく、大学窓口まで相談してください。

相談窓口
学生課(1号館1階事務室内)8:30~17:00
T  E  L:0258-39-1600(代)
E-mail:gakusei@nagaokauniv.ac.jp