Home > 学生生活 | 学生生活支援 > 欠席・公欠届

欠席・公欠届

欠席届

授業を欠席する場合は、欠席届を提出して下さい。体調不良、風邪等で医療機関を受診した場合は、医療機関の領収書または診断書のコピーを添付して下さい。(欠席届は事前でも事後でも可。)

>>欠席届(様式)

公欠届

授業を欠席した事由が、本学が認めた事由に該当する場合、「公欠届」を提出することにより、公欠として認められる場合があります。公欠が認められた欠席については、欠席数に算入されませんが、出席になるということではありません。
① 忌引
・父母、配偶者の場合連続した7日を上限として忌引きを認める。
・祖父母、兄弟姉妹の場合連続した3日を上限として忌引きを認める。
・おじ、おばの場合1日を上限として忌引きを認める。
祖父母、兄弟姉妹、おじ、おばが遠隔地の場合は上記日数に2日加算して忌引きを認める。
*会葬礼状は必要
② 伝染病(学校保健法施行規則第19条に規程された伝染病)
・伝染病によって異なるが、罹患してから治癒するまでの期間及び医師の登校許可が出るまでの日
*医療機関の証明書および感染症登校許可証(書式は下欄)
③ 天災
・原則最大2週間 *自治体発行の証明書
④ 交通機関の事故・ストライキ
・原則最大1日、半日もある。 *交通機関発行の証明書
⑤ 裁判員に指名
・候補者手続きで裁判所に行った場合は半日、裁判員として選任され裁判に参加した場合3日程度。
*公的な証明書
⑥ 学校代表としての行事・公式大会
・行事は原則1日、公式大会等は最大開催期間。 *依頼書、開催要項等の書類
⑦ 就職活動における試験日のみ
・1日 *就職支援室所定用紙
⑧ その他大学が必要と認めた場合
・原則最大1日 *関係書類
所定の届出用紙に記載して⑦は就職支援室に、その他は教務学生課に提出して下さい。
上記①~④までは事由発生後1週間以内に提出、⑤~⑧は事前に提出します。

>> 公欠について
>> 公欠届(両面印刷してご利用ください。)

感染症登校許可証

インフルエンザ等の感染症に罹患し、授業を欠席した場合や定期試験を受験できず、追試験の願い出をする場合の事由を証明する様式をご利用下さい。この様式を使用する場合は、受診した医療機関の証明を受けて提出して下さい。
>> 感染症登校許可証(様式)

Home > 学生生活 | 学生生活支援 > 欠席・公欠届

Copyright © 長岡大学 All Rights Reserved.