米山ゼミが「プラレールで遊ぼう」を行いました

米山ゼミでは、プラレールを活用した、子育て親子の交流および多世代交流の推進を目的として活動しています。
2020年1月・2月プラレールイベントの報告です。

①子育ての駅 てくてく
1月6日(月)と1月7日(火)米山ゼミナール生9名が「プラレール広場」を行いました。2日間で約160名の参加がありました。

②子育ての駅 ちびっこひろば
2月1日(土)米山ゼミナール生4名が「プラレールで遊ぼう」を行いました。当日は289名の参加がありました。

③宮内コミュニティセンター分館
2月8日(土)米山ゼミナール生4名が「プラレールで遊ぼう」を行いました。当日は51名の参加がありました。

 

学生の感想
・1人の男の子がレーンの部品の使い方が分からないから教えて欲しいと声をかけてくれ、そのあと少しだけだがその子と話しながら遊ぶことができた。
・5歳児の祖父の方が「プラレールイベントを通じて、友人が増えたので良かった。」と話していた。
・お片付けの時間が設けられていたため、保護者や子供たちと「これはどこにしまうか」などと声をかけ合いながら一緒にかたづけをしていた。
・電車を一種類だけ走らせていると、女の子が「一人で寂しくないの?」と言い、他のプラレールも走らせ始めた。この時、プラレールを人や動物のような視点で見ている事もあるという事を初めて知れた。
・家でもプラレールをしているが、なかなか家なので限られたスペースで遊んでいるため、こういった広い場所で思う存分にプラレールができることはとてもいいと言っていた。

米山ゼミナール生

子育ての駅 てくてく
子育ての駅 ちびっこひろば
宮内コミュニティセンター分館