Home > 地域連携 > 第6回悠久山・東山フォーラムを開催しました

第6回悠久山・東山フォーラムを開催しました

平成31年3月16日(土)13:00~15:30、長岡大学地域交流ホールにて、悠久山公園を長岡市に寄贈した人々に繋がる「長岡・周辺地域の米百俵精神と教育」をテーマに、第6回悠久山・東山フォーラムを開催いたしました。参加者は110名と昨年度に引き続き、大変大勢の方からご参加いただきました。

第1部では幕末から明治における長岡の教育とその精神について、そしてそれが現代まで受け継がれているというような内容で講演いただき、第2部では江戸後期、すでに片貝村で村民教育を行っていた朝陽館(村塾)について講演いただきました。「米百俵」の名前だけは知っているが詳しいことは知らなかった、「片貝」という地名は知っているが、それ以上は知らなかった、というお声もありました。第3部では会場からのご質問にお答えし、アンケートでは、長岡に住んでいても知らないことが多く、おもしろかった、有意義だったというご意見をいただきました。

今年度で「悠久山・東山フォーラム」という名称での開催は終了させていただき、今後は悠久山・東山地域以外の他地域にも対象範囲を拡げた取り組みを展開してまいります。

プログラム 講師
1部 基調講演

「米百俵と長岡の人材教育」

長岡郷土史研究会会員

遠山 典子

2部 事例講演

「長岡周辺地域の米百俵教育
  -江戸後期、すでに村民教育を行っていた
朝陽館(村塾)など-

片貝在住郷土史家

小林 光男

3部  まとめ・質疑応答

長岡大学教授
髙橋 治道

長岡大学教授
松本 和明

 

Home > 地域連携 > 第6回悠久山・東山フォーラムを開催しました

Copyright © 長岡大学 All Rights Reserved.