Home > 地域連携 > 第6回 悠久山・東山フォーラム「長岡・周辺地域の米百俵精神と教育」のご案内

第6回 悠久山・東山フォーラム「長岡・周辺地域の米百俵精神と教育」のご案内

第6回 悠久山・東山フォーラムは終了しました。多数の皆様のご参加、誠にありがとうございました。
長岡大学では、平成25 年度より悠久山・東山フォーラムを開催しております。
今年度は、100年前に「令終会」を結成し、悠久山公園を長岡市に寄贈した人に繋がる「長岡・周辺地域の米百俵精神と教育」をテーマに、フォーラムを開催いたします。多くの皆様のご参加をお待ちしております。
また、この事業は、第34 回国民文化祭・にいがた2019、第19 回全国障害者芸術・文化祭にいがた大会に、応援事業として参加しております。

長岡・周辺地域の米百俵精神と教育―みんなが知らない米百俵―

日時 平成31年3月16日(土) 13:00~15:30
会場 長岡大学 地域交流ホール  定員 100名(参加費 無料)
>>チラシをご覧ください。

開会挨拶

長岡大学学長 村山 光博

第1部 基調講演

「米百俵と長岡の人材教育」
講師 : 長岡郷土史研究会会員 遠山 典子 氏

第2部 事例講演

「長岡周辺地域の米百俵教育 -江戸後期、すでに村民教育を行っていた朝陽館(村塾)など-」
講師 : 講師 : 片貝在住郷土史家 小林 光男 氏

朝陽館は、1779 年(安永8 年)に片貝村(現小千谷市片貝)の有志5人が中心となって創立された村塾である。1842(天保13 年)に耕読堂と塾名を改め、学制施行によって片貝小学校ができるまで続いた。もみじ園を造った髙橋九郎もここで漢学を学んだ。

第3部 まとめ、質疑応答

長岡大学教授 髙橋 治道
長岡大学教授 松本 和明

閉会挨拶

長岡大学教授 髙橋 治道

当日は、長岡大学写真部による写真展示も行っております。
 

◆主催 長岡大学地域連携研究センター
◆共催 長岡商工会議所、公益社団法人平成令終会
◆後援 長岡市

お申込み・お問い合わせ

<申込締切>3月14日(木) 当日参加も歓迎します。
長岡大学 地域連携研究センター
TEL:0258(39)1600(代)  FAX:0258(39)9566
E-Mail:chiken@nagaokauniv.ac.jp

Home > 地域連携 > 第6回 悠久山・東山フォーラム「長岡・周辺地域の米百俵精神と教育」のご案内

Copyright © 長岡大学 All Rights Reserved.