- 長岡大学 - https://www.nagaokauniv.ac.jp -

公開プレゼンテーション(6月15日)と採択結果

平成23年度 公募型人間力育成奨励金 公開プレゼンテーション (11/07/11)

ヒューマン・パワーアップ・プロジェクト2011 総額 871,000円!

 長岡大学では、学生としての「人間力」を伸長させることを目的に、学生の主体的な諸活動の支援のために、ヒューマン・パワーアップ・プロジェクトを実施しています。この制度は、ゼミナールおよび学友会が公認しているクラブ・同好会もしくは5名以上のグループが行う事業に対して、審査の上、奨励金(事業費・旅費等:後援会予算)を交付し、学生の自主的活動を強力に支援するものです。
平成23年度は6月15日に公開プレゼンテーションが行われ、8つの事業・グループが選ばれました。

1.裏千家学生セミナーへの参加 【新】

団体:茶道部  代表:斎藤美如      採択額:135,000円

目的

  • 茶道の技術向上、文化理解及び“本物”に触れる。
  • 全国の学生との交流により、更なる活動の活性化。
  • 参加学生が指導役となり部全体がレベルアップ。

2.二大学合同地域研究発表会 【新】

団体:岸本ゼミナール 代表:岩城愛 採択額:55,000円

目的

  • .多面的に県内地域について学ぶ。
  • .互いに地域の特色を比較し良い特色を学びあう。
  • .今まで学んできたことを活用した研究発表をとおして残りの大学生活をどう過ごすか考える機会にする。

3.東日本大震災に関わる支援活動 【新】

団体:N-LINK 代表:丸山諒  採択額:160,000円

目的

  • 東日本大震災の被災者及び被災地への支援活動を行い、日本の復興に貢献するとともに、様々な活動・交流を通じて人間的に成長する。また、多くの活動に参加し長岡大学の知名度を上げる。.

4.長岡大学学生ブックレットの制作 【再】

団体:長岡大学学生ブックレット制作委員会 代表:外川拓弥 採択額:100,000円

目的

  • .学生が主体となりブックレットを製作し、学生が行った研究活動を学内外に知ってもらう。

5.サマーキャンプ 【再】

団体: ブートスポーツ部 代表:狩野亜紗実 採択額:111,000円

目的

  • .学内対象イベントを行い、学生と教職員の交流を深める。様々なイベントへの興味を深めてもらい、今後の学友会活動やサークル活動へ積極的な参加を促すことに貢献する。

6.日本酒の試飲会の開催及びリーフレットの作成 【再】

団体:NaMEC日本酒プロジェクト 代表:多田正樹  採択額:100,000円

目的

  • 若者に日本酒とふれる機会を提供し、興味、関心を持たせることで日本酒のおいしさを知ってもらい、消費量の拡大を目指す。これにより、新潟の日本酒業界の活性化に貢献する。.

7.ゆーとぴあ 小冊子「夏号」発行 【再】

団体:ゆーとぴあ   代表:笹川彬憲    採択額:50,000円

目的

  • 長岡大生は活動的で主体的に行動するとアピールすることで長岡大学の広報活動の一端を担う。
    取材活動を通して学生の「前に踏み出す力」を鍛える。他大学との交流に重点を置き、互いの視野を広げる。.多面的に県内地域について学ぶ。

8.2011中国研修旅行 【再】

団体:チャオニャン 代表:リュウ・レイホウ    採択額:160,000円

目的

  • .日本人学生の中国への理解を深める。
  • 中国の大学生と日本人学生の交流を行う。
  • 被災地-四川の復興と中国国宝-パンダの姿を見る。多面的に県内地域について学ぶ。