權ゼミナールが「発酵のまち、長岡HAKKOtrip」に参加しました

11月9日(土)、私たち權ゼミナールは「発酵のまち、長岡HAKKOtrip」に参加しました。「発酵の不思議に触れる旅トリップに出よう」をテーマにメイン会場(長岡駅周辺)とサテライト会場(宮内駅周辺、摂田屋エリア)で発酵に関する多くのイベントが開催されました。
私たちはアオーレ長岡の「発酵マルシェ」で十分杯の実演、販売、展示を行いました。ゼミ生の一人はサテライト会場の宮内駅で酒粕等に関する講座を受講しました。
発酵に関するイベントへの参加は初めてで、人が来てくれるか不安でした。十分杯は、購入しやすい価格設定にしたり、大学祭の時よりも販売に力を入れたりしたので、売れ行きがよかったです。今後のイベントでは、「十分杯を販売する」という目標の前に、「十分杯を知ってもらう」ことが目的の活動であることを忘れないようにしたいと思いました。つい目先の成果にとらわれてしまいがちですが、十分杯を知ってもらうことは、販売にもつながるということを意識し、十分杯の魅力を精いっぱい伝えられるよう心掛けていきたいと思います。

權ゼミナール4年 池田 哲