Home > 教育・学術 > 2019年度「起業家塾」を開講しました

2019年度「起業家塾」を開講しました

令和元年8月19日(月)~8月22日(木)にNaDeC BASEで夏期集中講義「起業家塾」を開講しました。
本学の建学の精神に「幅広い職業人としての人づくりと実学実践教育の推進」「地域社会に貢献し得る人材の育成」があります。地域の特性を生かした起業・創業ノウハウを身に付けた学生起業人材を養成することは、地域経済を活性化させ、地域社会の貢献に繋がります。
起業家塾は平成17年度に開講してから、今年度(2019年度)で15回目となりました。長岡地域の3大学1高専(長岡大学、長岡技術科学大学、長岡造形大学、長岡工業高等専門学校)に参加を呼びかけ、開かれたビジネスプラン作成講座として開講しております。昨年に引き続き2度目のNaDeC BASEでの開催で、15名の学生(本学8名、長岡造形大学3名、長岡工業高等専門学校4名)が参加しました。参加者は2~5名で4チームに分かれて、ビジネスプランを作成し、最後に発表を行いました。

【起業家塾目的】

・チームによるビジネスプラン作成と発表を通して、起業家精神、人間力、社会人基礎力を養成することで「社会で生き抜く力」を身につけること。
・作成したビジネスプランをさらにブラッシュアップして、ビジネスプランコンテストに応募し、最優秀賞等獲得を目指すこと。
・学生ベンチャー企業を起業することで地域活性化に貢献すること。

【担当教員】
小松 俊樹 長岡大学教授
中小企業診断士/経営コンサルタント

栗井 英大 長岡大学准教授
中小企業診断士

【教員補助/SA】
星野 瑠惟 長岡大学4年

〈第1日〉8月19日(月)

Ⅰ 開講にあたって
・起業家塾の開講について
・社会人基礎力事前評価
・プログラムの進め方

 

Ⅱ プログラム展開
1.チーム編成と役割検討
2.ビジネスプランとその作成方法(講義)
3.グループアイディアの整理、構造化
4.第一次プレゼン 最終絞り込み フィードバック
 

〈第2日〉8月20日(火)

5.事業環境の分析・調査(インターネット、街頭インタビュー等)
6.第二次プレゼン 調査結果の報告、最終案の事業構造のまとめ方、ポイントの確認
 

〈第3日〉8月21日(水)

7.ビジネスプランのとりまとめ
8.プレゼン資料の作成
 

〈第4日〉8月22日(木)

9.発表練習
■発表用シート(パワーポイント)の提出
10.ビジネスプランの発表

池袋で超本場の味!三國志博物館レストラン  会社名:観滄海(かんそうかい)
社長 阿部 紘輝(長岡大学2年)
曹 慧虹(長岡大学4年)
藤田 紘未(長岡工業高等専門学校5年)
賀 文沁(長岡造形大学修士1年)
高 思宇(長岡造形大学修士1年)
コンセプト:本場の味を三國志に沿って味わう体験型レストラン
対象顧客:〇メイン対象 40~60代の日本人、在日中国人
〇サブ対象 三國志好き、 新しい物好き
提供方法:・当時の使用人の服、マナーでの接客(呼び方)
・当時の服の貸し出し
・SNS宣伝によるサービス:割引(5%)、料理の追加、調味料のプレゼント
・本場の材料を使用
オーダーメイドASMR  会社名:VOICE
社長 小室 弦太(長岡工業高等専門学校3年)
安達 侑(長岡大学2年)
八塩 健斗(長岡大学2年)
コンセプト:オーダーメイドASMR
対象顧客:■メイン顧客:ASMRが好きな成人
■サブ顧客:ASMRに興味のある中高生
提供方法:<初期の売り手の確保>
声優学校と提携、他サイトで活動している配信者と契約してASMRを製作・販売してもらう
<中期以降>
アカウント登録した人なら誰でも自由にASMRを製作・販売できる
<ASMRの取引>
Webサイト・アプリを使用
旅行用品レンタルサービス  会社名:クィックトラベル
社長 藤田 万里子(長岡造形大学修士1年)
皆川 知洋(長岡大学3年)
永井 拓実(長岡大学2年)
中野 優花(長岡大学2年)
鶴巻 力哉(長岡工業高等専門学校3年)
コンセプト:新潟手ぶら快適旅
対象顧客:<メイン顧客>20〜30代外国人観光客
<サブ顧客>20〜30代県外観光客
提供方法:予約する際に、顧客の体格や好み、不要な物を聞く
荷物は宿泊施設や駅に配送して受け取れる
移動サポート事業  会社名:リーベル
社長 武田 知樹(長岡大学2年)  
高橋 祐己哉(長岡工業高等専門学校3年)
コンセプト:高齢者の「困った!」に寄り添う事業
対象顧客:◎メイン顧客:移動が困難な高齢者や身体障がい者
○サブ顧客:介護や育児に追われる保護者
提供方法: 資格を持ったスタッフ
・第二種普通自動車免許
・介護職員初任者研修
幅広い生活サポート
・一泊以上の旅行も可能
・災害時の避難補助
・24時間対応の電話窓口

11.社会人基礎力事後評価
12.審査、講評、表彰
【審査委員】

審査委員長
長岡大学学長
村山 光博
審査委員
マコー(株)創業者
(株)パルメソ代表取締役
松原 亨 氏
審査委員
長岡技術科学大学教授
テクノインキュベーションセンター長
山口 隆司 氏
審査委員
長岡造形大学教授
造形学部長
馬場 省吾 氏
審査委員
長岡工業高等専門学校教授
菅原 正義 氏

【表彰式】  厳正な審査の結果、次のように表彰を行いました。

会社名 事業名
最優秀賞 VOICE オーダーメイドASMR
優秀賞 観滄海(かんそうかい) 池袋で超本場の味!三國志博物館レストラン
楽が感動賞 クィックトラベル 旅行用品レンタルサービス
楽に出かけま賞 リーベル 移動サポート事業

 最優秀賞 VOICE

【まとめ】

審査結果については、<VOICE>の「オーダーメイドASMR」事業が最優秀賞を獲得しました。人が聴覚や視覚への刺激によって感じる、心地良い、脳がゾワゾワするといった感覚をオーダーメイドで販売するという新感覚のビジネスです。優秀賞として<観滄海(かんそうかい)>の「池袋で超本場の味!三國志博物館レストラン」が選ばれました。他のチームのどのプランも短期間の中でよく練り上げられたものとして高く評価されました。
終了後の「受講者アンケート」の結果、この講座は楽しかった(まあまあ楽しかった)と回答した学生が100%、ためになった(まあまあためになった)と回答した学生も100%と受講生の満足度は非常に高いものでした。また、「社会人基礎力自己診断」においては、3項目(アクション・シンキング・チームワーク)全てが開始時より向上しました。社会人基礎力養成は「社会で生き抜く力」に繋がります。参加した皆さんにはこの経験をこれからの大学生活は勿論、社会に出てからも活用していただきたいです。
今回、喜ばしいことに全チームがブラッシュアップして、新潟県内外のビジネスコンテスト等に応募したいと積極的に申し出てくれました。引き続き支援していきますので、応援よろしくお願いいたします。
来年度以降も募集方法をさらに工夫して参加者拡大を目指していきます。
最後に、審査委員の方々や関係者の皆さんには大変お世話になりました。来年度もよろしくお願いします!

【アンケート集計】

【アンケート自由記述】

【この講座は楽しかったですか。その理由は】
・4日間、忙しかったですが、話し合ったり、たくさん考えてまとめたりすることができた。あまりこのような事業を立ち上げるといった経験はできないので、この講座を受けて良かったと思う。
・協同作業は面白かったです。
・遅くまで決まらなかったり、意見の食い違いがあったりして本当に大変だった。まとまっていく中で、すごく楽しさが加速してきて、発表後に確かに自分たちがした細かい話し合いが無駄じゃなかったと実感できたので、とても楽しかった。
・自分の好きなものに対してビジネスを考えられたから。
・1日目に行くまでは心配事だらけだったが、参加してみたら、面白い人とたくさん出会えて自分にとっても良い刺激となりました。また、先生方からもとても良いアドバイスをいただきながら計画を練っていくことはとても貴重な体験だったので、できればまた参加してみたいと思いました。
・チームのメンバーと事業について考えるのが良かった。
・起業について事業調査の手順(流れ)やアイデアを出すことができて、メンバーとのチームワークも楽しかったと思います。
・他の学校の人と1つのものを作るという機会はなかなかないので非常に楽しかった。

【この講座はためになりましたか。その理由は。】
・アイデアを出すことよりも、まとめることの方が難しいと分かったから。
・価値の説明や快と不快の法則など、知らなかった話をたくさんできたため。
・会社はこうやってできあがっていくんだなと、みんなの発表を聞いて思ったからです。
・ASMRのことについて深く知れた。そして、チームで働く事の良さを知った。
・いろんな視点で問題への考えや、解決策などが勉強になりました。
・自分一人でやっていたら、絶対指摘されなかった箇所とか、直せなかったところがたくさんあったので、とてもためになりました。
・経営の難しさを知れたから。
・企画を一つでも作ってみれた。
・ビジネスプランを考えたのは初めてでした。修士の研究のプランでも生かせそうです。
・はじめは皆、上手くいかなかったが、起業するために考えることの流れについて学ぶことができた。発表では自らの足りない部分や考えのもれなどに気づけて良かった。

【この講座の改善点やコメント】
・時間帯は9:00~16:40または10:00~17:00でうれしいです。バスは一時間に一本なので、もっと適切にしてほしいです。
・4日間は少ない!せめて5日にすべき。
・起業する予定のない人でもこの話はためになると思うので、より多くの人に講座を開いてもらいたいと思った。

【社会人基礎力アンケート】

Home > 教育・学術 > 2019年度「起業家塾」を開講しました

Copyright © 長岡大学 All Rights Reserved.