Home > 教育・学術 > 星野瑠惟さん(3年)が中小企業診断士の1次試験に合格しました。

星野瑠惟さん(3年)が中小企業診断士の1次試験に合格しました。

星野 瑠惟(ほしの るい)さん(3年)が中小企業診断士の1次試験に見事合格しました。中小企業診断士は昨年に続き2回目の受験で、「経済学・経済政策」「財務・会計」「企業経営理論」「運営管理(オペレーション・マネジメント)」「経営法務」「経営情報システム」「中小企業経営・中小企業政策」の7科目の平均が60点を超え、合格しました。
一般社団法人中小企業診断協会によると1次試験の合格率は、15~25%前後です。
星野さんは、2年生の時に日商簿記検定2級、経営学検定中級を取得しています。

星野さんからのコメント

在学中に企業経営に関する幅広い知識を身に着けたいと思い、中小企業診断士の勉強を始めました。
中小企業診断士の1次試験は試験範囲が膨大で、いわゆる経営学以外にも、経済学、会計、法律、情報システムなど幅広い知識が問われます。出題される論点の大部分は大学の講義で直接扱われません。そのため、難解な理論も基本的には自力で理解する必要があり、苦労しました。
私は中小企業診断士の勉強を通して、勉強が面白いという感覚を味わうことができました。強制される勉強はつまらないですが、興味のある分野を自主的に深掘りすると、少しずつ新たな世界が見えてきて、勉強が面白くなるのだと思います。

Home > 教育・学術 > 星野瑠惟さん(3年)が中小企業診断士の1次試験に合格しました。

Copyright © 長岡大学 All Rights Reserved.