- 長岡大学 - http://www.nagaokauniv.ac.jp -

平成29年度学生による地域活性化プログラム取組概要

1.グラスルーツグローバリゼーション-草の根・地域からの地球一体化・人類一体化推進-

chiiki2017-hirota
広田秀樹ゼミナール
私達は現在急速に進展している、世界的統合化の潮流であるグローバリゼーションを、草の根・地域レベルから、日常生活の中で実行可能なところから推進して行きます。 具体的には、世界から私達の地域に来てくれた外国の方との積極的な交流・対話、フェアトレード等の世界の人達を応援する活動等を実施して参ります。世界の各地域での市民レベルの国際交流こそ人類統合の精神基盤としての世界市民意識を形成するものと考えます。

【参加学生】16名
4年生 王吉 川村拓也 土井健太 吉田綺璃
3年生 安達清志 王世銘 児玉拓実 孫雪 辰口朋日炉 趙博文 陳楠萍 和田充史 渡邉周三 王艶
2年生 陈曦 Khulan Temuulen
【アドバイザー】
コミュニティ・リーダーズ・ネットワーク 代表 大出恭子氏
フェアトレードショップら・なぷぅ オーナー 若井由佳子氏

2.企業ホームページの改善提案とデモサイトの制作

chiiki2017-mura
村山光博ゼミナール
企業の有効な情報発信の手段として自社ホームページの積極的な活用が期待されている。本取組ではこれまで、NPO法人長岡産業活性化協会NAZEの「ホームページ改善事業」と連携して、会員企業のホームページ診断と改善案の策定を行ってきた。
今年度はさらに具体的な改善提案の取組みとして、企業ホームページのデモサイト(試作品)を制作する。

【参加学生】4名
4年生 中沢裕太 尾木和磨 菊地紘基 宋超
【アドバイザー】

NPO法人長岡産業活性化協会NAZE 事務局長 山田哲也氏
株式会社アルモ 代表取締役社長 柴木樹氏

3.「まちの駅」の魅力発信と地域活性化への貢献

chiiki2017-koie1
鯉江康正ゼミナール①
本ゼミでは、「まちの駅」をフィールドとした調査・研究を平成19年度から行っている。本年度も引き続き、県内の「まちの駅」のパネル作成を行っていく。今年度中には全駅のパネルを作成する予定である。また、その成果を悠久祭で公表する。(平成29年4月現在新潟県のまちの駅は127駅である。)
本年度は、「まちの駅」の魅力を子供に知ってもらう目的で、まちなかキャンパス長岡の子供講座「まちの駅ってどんなところ?」のイベントを実施する。それに加え、とうきび観音祭り(栃尾)、まちの駅&どまいち(見附市)などのイベントにも地域活性化を図る目的で参加する。また、全国各地の「まちの駅」活動を研究するために、まちの駅全国大会(福岡)への参加も計画している。

【参加学生】25名
4年生 池田諒馬 江口枝里子 片桐湧太 木島俊久 小松綾乃 須田滉介 陈奥 田源一 中島なつ美 中曽根湧
薤澤雄樹 山崎隼斗 楊婉蘭 横田百合江 鷲尾創太
3年生 王巍 加藤茉那 Jargalsaikhan Byambatuvshin 新保聡 鈴木絵莉香
Gantumur Uugantsetseg Tsogoo Munkhzaya Khurelbaatar Ganchimeg 李文秀
2年生 山城時生
【アドバイザー】
全国まちの駅連絡協議会 関東甲信越運営監事 中川一男氏
長岡市市民協働推進部市民協働課 主事 岩嶋雄人氏

4.「まちの駅」から越路地域の魅力を発信

chiiki2017-koie2
鯉江康正ゼミナール②
現在、越路地域には「まちの駅」が7つある。この7駅と共同で、越路地域の魅力発信を行うことで、越路を長岡市および県内の方に知ってもらい交流人口の増加に寄与したい。そのために、越路地域の歴史・文化・産業などを広く学び、ランドマークとなる施設やグルメスポット、イベントの紹介などを学生目線で整理していく。さらに、成果物として越路マップを作成する。同時に越路でのイベントにも積極的に参加する予定である。

【参加学生】25名
4年生 池田諒馬 江口枝里子 片桐湧太 木島俊久 小松綾乃 須田滉介 陈奥 田源一 中島なつ美 中曽根湧
薤澤雄樹 山崎隼斗 楊婉蘭 横田百合江 鷲尾創太
3年生 王巍 加藤茉那 Jargalsaikhan Byambatuvshin 新保聡 鈴木絵莉香
Gantumur Uugantsetseg Tsogoo Munkhzaya Khurelbaatar Ganchimeg 李文秀
2年生 山城時生
【アドバイザー】
手作りお漬物の駅(有限会社ドリーム岩塚) 駅長 内藤敦氏
NPO法人市民協働ネットワーク長岡 高橋秀一氏

5.十分杯で長岡を盛り上げよう!

chiiki2017-kwon1
權五景ゼミナール①
長岡の文化遺産であると同時に変わった形の杯である「十分杯」を活用し、長岡を代表する観光資源の一つにすることを目標としている。ところが、まだまだ市民の認知度が低いという難題がある。そこで、広報活動、十分杯巡り観光コースの開発、長岡と十分杯との関わりを整理、観光商品の開発を行う。

【参加学生】12名
4年生 大滝皓史 小布山大喜 佐藤空夢 早川裕章 周天奇
3年生 佐野毅 那旭 Namjilsuren Uyanga 水落柊哉
2年生 池田哲 岡部真也 藤田健広
【アドバイザー】
長岡歯車資料館 館長 内山弘氏
長岡市小国支所地域振興課地域振興 防災係長 渡辺茂氏
魚沼市役所農林課農政室 主事 中澤司氏

6.酒粕で長岡を盛り上げよう!

chiiki2017-kwon2
權五景ゼミナール②
長岡は日本酒のまちである。そのため、酒粕の生産量は全国規模である。酒粕は多くの酒蔵がある長岡ならではの地域資源である。しかし、活用方法においてはまだ十分とは言えない。私たちが目指しているのは酒粕の商品化である。その過程で、地域企業と連携しながら酒粕の商品化という目標に向けて進めていきたい。

【参加学生】12名
4年生 大滝皓史 小布山大喜 佐藤空夢 早川裕章 周天奇
3年生 佐野毅 那旭 Namjilsuren Uyanga 水落柊哉
2年生 池田哲 岡部真也 藤田健広
【アドバイザー】
越銘醸株式会社 取締役製造部長 浅野宏文氏
NPO法人まちなか考房 事務局長 大沼広美氏
魚沼市役所農林課農政室 主事 中澤司氏

7.長岡の隠れた地域資源を若人に広めよう!

chiiki2017-kurii
栗井英大ゼミナール
長岡地域には、まだまだ地域内の人々への広がりが弱い地域資源が存在する。そこで長岡地域に存在する他地域に誇れる名産品(日本酒・食材・加工食品等)を、地域内の人々、特に若人(30代前後)に広めることを主目的とした活動を行う。
具体的には、長岡地域で生産されている日本酒とおつまみを販売する模擬店を悠久祭に出店する。その際、酒蔵マップやおつまみレシピ等を購入者に配布するなどし、長岡地域の地域資源を地域内の人々、特に若い世代に広める、あるいは、再認識してもらう。
また、可能であれば、購入者にアンケート調査(感応調査等)を実施し、日本酒離れの理由、求めるおつまみの志向等を探り、今後の活動に活かしていく。

【参加学生】7名
3年生 植栗卓 加藤雄大 菅野拓巳 捧杏実 鈴木祐輝 矢島洋輔 Phan Huynh Thuy Duong
【アドバイザー】
朝日酒造株式会社 研究開発部 課長 田村博康氏
株式会社ノブサーズ 飲食事業部 フードアドバイザー 羽賀知也氏

8.地元企業の「働きかた」を知る

chiiki2017-suzuki
鈴木章浩ゼミナール
本ゼミナールでは、長岡・三条・見附市、およびその周辺市町村の企業で働く人にスポットを当てる。
具体的には、従業員に接触し、自社の働きがい、仕事内容とその魅力等を聞き取りする。また、人事担当者に、入社希望者に求めるスキルや人材マネジメントについて聞き取りをする。以上のヒアリング調査で入手した情報をもとに、各企業の「働きかた」を外部発信できるチラシ・動画を作成する。

【参加学生】7名
3年生 青木洸 姉崎啓太 石川渚 遠藤優 小倉沙弥 小山毅 常山拓臣
【アドバイザー】
株式会社ジェイマックソフト 総務部 課長 監物陽介氏
長岡市商工部 産業政策課雇用促進係 係長 寺山隆史氏