Home > 教育内容 | 学生による地域活性化プログラム | イベント等 > 学生による地域活性化プログラム 平成22年度 成果発表会

学生による地域活性化プログラム 平成22年度 成果発表会

平成23年2月12日(土)、ホテルニューオータニ長岡NCホールにおいて、長岡大学生による地域活性化プログラム平成22年度成果発表会を実施いたしました。

参加者は230名(地域連携アドバイザー16名、一般90名、本学教職員33名、学生91名)でした。

会場が学外ということもあり、11月に学内で実施した中間発表会の時以上に学生は緊張していたようです。各ゼミとも中間発表会で指摘された改善点や意見をとり入れ、長岡地域の活性化をテーマに、9ゼミ12取組が成果発表を行いました。地域連携アドバイザーから、反省点、実施できなかったこと、次年度に向けての方向性など、たくさんの質問や貴重なアドバイスをいただきました。このような活動を通じて学生の社会人基礎力は大幅に向上したと思われます。

また、地域連携アドバイザーからは、学生の活動には協力を惜しまず、取り入れられるものは実現したいとお言葉をいただきました。次年度も引き続き学生による地域活性化取組を計画しており、学生が地域人として活躍できるものと期待しております。

   
受    付            大学のパネル、ブックレット展示

開会のあいさつ

    
長岡大学長 原 陽一郎       長岡大学教授 鯉江 康正       学生による成果発表

学生による成果発表

1.菊池 いづみ ゼミ長岡地域の在宅介護の現状と課題
―家族介護者の負担を軽減するために― 
 
2.田邉 正 ゼミ長岡市における特産品の東京市場販売計画  
3.高橋 治道 ゼミ地域コミュニティ活性化による豊かで安全・安心な暮らしを考える  
4.広田 秀樹 ゼミグラスルーツグローバライゼーション(草の根・地域からの地球一体化推進)  
5.山川 智子 ゼミ長岡周辺地域における健康管理と予防医療の現状  
6.原田 誠司 ゼミ環境・リサイクル問題への取り組み  
7.鯉江 康正 ゼミ楽しもう!越後長岡「まちの駅」  
8.吉盛 一郎 ゼミ佐潟・福島潟・鳥屋野潟の地域との関わりと湿地の賢明な利用について  
9.鯉江 康正 ゼミ「出会いの街・ながおか」大手通活性化プロジェクト  
10.原田 誠司 ゼミ企業の情報発信とホームページの役割(コンテンツ診断)  
11.村山 光博 ゼミ企業の情報発信とホームページの役割(システム診断)  
12.田邉 正 ゼミ中山間地における地域活性化の提案と実践  
鯉江 康正 ゼミ教育しない者(鯉江)のゼミナール学生の成長記録
―「まちの駅」との連携による活動記録―

(経済産業省主催 社会人基礎力育成グランプリ2011出場)
 

Ⅳ 講評


(株)ホクギン経済研究所
副所長 河田 博 氏

長岡市市長政策室政策企画課
課長 成田 高史 氏
 各取組の発表ごとに、地域連携アドバイザーの方から質問や今後のアドバイスをいただきました。

Home > 教育内容 | 学生による地域活性化プログラム | イベント等 > 学生による地域活性化プログラム 平成22年度 成果発表会

Copyright © 長岡大学 All Rights Reserved.