Home > お知らせ > グローバルスタディ4とボランティア体験2の公開プレゼンテーションを行いました。

グローバルスタディ4とボランティア体験2の公開プレゼンテーションを行いました。

12月13日(木)、226教室において「グローバルスタディ4(アメリカ研修)」と「ボランティア体験2」の公開プレゼンテーションを行いました。

グローバルスタディ4(アメリカ研修)では今年度2名の学生が参加し、アメリカのホノルル、シアトル等で研修を行いました。公開プレゼンテーションでは、今まで学習してきた膨大なアメリカ関連の専門知識、米国現地での貴重な体験等について発表を行いました。また、ボランティア体験2でも2名の学生が参加し、国営越後丘陵公園での活動について発表しました。

●グローバルスタディ4(アメリカ研修)
 「アメリカの太平洋戦略の未来を考える」・「2012年アメリカ大統領選挙におけるリベラルエリアの動向」という設定課題を掲げ、ハワイ州ホノルル市、ワシントン州シアトル市を中心に米国現地研修を行いました。ハワイでは、ハワイ大学の講義に参加し教員・学生の方と、アメリカの太平洋戦略の未来等をテーマに意見交換を行いました。また、オバマ大統領の出生地でもあるホノルル市内で多くの人に、大統領選挙についてヒアリングを行いました。さらに、パールハーバー等のアメリカ太平洋軍の施設も視察しました。
シアトルでは、シアトル近郊のボーイング社のエベレット工場を視察し、アメリカのビックビジネスの太平洋戦略のスタンスを探りました。また、シアトル市内やワシントン大学等広範なエリアで、オバマ政権の政策と大統領選挙の関係等についてヒアリングを行いました。

 ●ボランティア体験2(活動場所:国営越後丘陵公園)
活動場所となった国営越後丘陵公園は、長岡市の西に位置する面積約400ha(東京ディズニーランド・ディズニーシーのおよそ4倍)の自然豊かなレクリエーション施設です。ここで7月に、環境ボランティアに関心のあった2年生の石井恵夢君と日本文化に触れたいという思いで参加した同級生の朱文彬君が、多彩な公園管理業務を体験しました。
発表会では、このときの体験を振り返り、これからもボランティア活動に積極的に参加していくことはもちろん、今回の体験で学んだことを今後の生活のなかで生かしたいと抱負を語っていました。


グローバルスタディ4発表
 
現地ヒアリングの様子
 
ボランティア体験2発表
 
国営越後丘陵公園での作業の様子

 

Home > お知らせ > グローバルスタディ4とボランティア体験2の公開プレゼンテーションを行いました。

Copyright © 長岡大学 All Rights Reserved.