Home > 地域連携 | 地域連携研究センター | イノベーション人材養成講座 | イノベーション人材養成講座募集要項 | 事業内容 > プログラム修了者に対する証明方法 / 事業評価体制等

プログラム修了者に対する証明方法 / 事業評価体制等

プログラム修了者に対する証明方法

(1)修了認定の方法

修了認定の評価は次のとおり。評価結果に基づき連絡協議会で修了認定を行う。

 

 

コース 評価対象物 評価者
目利き、事業構想、商品創造、地域戦略 実課題に対する企画提案書 実課題提供者(企業等)、コーディネータ
戦略経営、起業教育指導 修了レポート コーディネータ

 

(2)修了証書の社会通用性

各年度末に「長岡地域イノベーション人材育成連絡協議会」主催の修了式を行い、協議会の発行する修了認定書を授与する。また、市や商工会議所等の広報紙で公表することを考えている。

事業評価体制等

事業全体の評価は最終的に連絡協議会で行う。成果の目標は次のとおり。
協議会において、半期ごとに事業全体の評価を行い、結果をその後の事業の改善に反映させる。

 

評価者 実課題提供者 受講者
実課題持込型 実課題提案書の半数以上が実用的価値があると評価させること 80%以上が能力が目標水準に達したと回答すること
その他 なし 80%以上が仕事上で役に立つと回答すること

 

Home > 地域連携 | 地域連携研究センター | イノベーション人材養成講座 | イノベーション人材養成講座募集要項 | 事業内容 > プログラム修了者に対する証明方法 / 事業評価体制等

Copyright © 長岡大学 All Rights Reserved.