- 長岡大学 - http://www.nagaokauniv.ac.jp -

地域連携研究センターの概要

地(知)の拠点大学として

DSC_7288s2長岡大学は、2001年に開学してからこれまで「地域の大学」であることを目指してきました。地域社会が必要とする人材を育て、地域に送り出していくことが本学の使命であると考え、経済と経営を専門分野の中心に置きながら、より幅広い教養教育と実践的な内容を加えた教育への改革にも取り組んできました。4年間の大学生活の中で地域の求める知識や能力をしっかりと身につけ、卒業後は地域の産業界で即戦力として活躍できる人材を育てていくことを常に念頭においた教育を行っております。
地域連研究センターは、本学の「長岡地域<創造人材>養成プログラム」が平成25年8月に文部科学省の「地(知)の拠点整備事業=大学COC事業」に採択されたことを受け、それまで置かれていた地域研究センターと生涯学習センターを統合再編する形で、平成25年9月に設立されました。
大学COC事業では、大学が自治体等と連携し、全学的に地域を志向した教育・研究・社会貢献を進めて、地域コミュニティの中核的存在(課題解決に資する人材・情報・技術の集積拠点)となり、地域コミュニティの再生・活性化の核となる大学へと、自ら改革することを求められております。本学では、その中心となる機関としてこの地域連携研究センターを位置づけました。
地域連携研究センターは、地域の行政、企業、NPO等との連携活動を通して、地域ニーズに応える若者人材の育成、地域社会の諸課題の調査研究の推進とその成果の地域への還元、本学の知的資産の活用による学習機会の提供を行うとともに、地域活性化に取組むことにより、「地域に役立つ大学」づくりの推進を目的としております。
長岡大学が地(知)の拠点大学としての役割を果たしていくためにも、地域の皆様とのいろいろな形での連携があり得るのではないかと思います。そのようなたくさんの可能性の中での効果的な連携の在り方も本センターの研究テーマの一つとも言えるのではないでしょうか。
地域連携研究センターのスタッフ一同、地域のさらなる発展を目指して活動してまいります。地域の皆様におかれましては、今後とも変わらぬご理解とご協力を賜りますよう心よりお願い申し上げます。

地域連携研究センター所長/長岡大学長
村山光博

センターの概要

名  称 長岡大学地域連携研究センター
設  立 平成25年9月18日
目  的 センターは、長岡大学(以下「本学」という。)学内教育研究施設として、地域との連携活動を通して、地域ニーズに応える若者人材の育成、地域社会の諸課題の調査研究の推進とその成果の地域への還元、本学の知的資産の活用による学習機会の提供を行うとともに、地域活性化に取組むことにより、本学の「地域に役立つ大学」づくりを推進することを目的とする。
事  業 (1)学生の地域課題への取組みや地域活動への参加等の支援・推進
(2)地域課題解決にかかわる自主研究・調査および受託研究・調査
(3)地域関連資料・データの収集・整理
(4)公開講座、セミナー、研究会、講演会、シンポジウム等の開催
(5)事業診断活動および専門人材の研修活動
(6)地域活性化諸活動の支援・推進
(7)『地域連携研究年報』の刊行、研究成果の公表
(8)その他一から七に関連する一切の事業