Home > 地域連携 | 地域連携研究センター | 地域連携研究センターシンポジウム > 平成24年度長岡大学地域研究センター・シンポジウム2012報告    テーマ:「中小企業の海外展開とビジネスモデルの再構築」

平成24年度長岡大学地域研究センター・シンポジウム2012報告    テーマ:「中小企業の海外展開とビジネスモデルの再構築」

長岡大学地域研究センターシンポジウム 2012開催趣旨

「長岡大学地域研究センターシンポジウム2012」を開催しました。多くの皆様のご参加、ありがとうございました。
リーマンショック後、より鮮明になった<成長する新興諸国と停滞する先進諸国>という世界経済の構図のなかで、日本企業は、<グローバル経済化のなかでどう生き残るか>という根本課題に直面しています。政府は、こうした状況に対応すべく、2010年の「産業構造ビジョン2010」以降、積極的に中小企業の国際化(海外展開)支援事業を展開しています。
新潟県内においても、大企業に続いて、海外展開に踏み切る中小企業も増えています。しかし、地域の産業界全体として、<グローバル経済下での生残り戦略>が明確になったとはとても言えない状況だと思われます。
われわれは、海外進出か国内・地域かという二者択一ではなく、<グローバル経済下で生き残る新たなビジネスモデルの構築>(利益のあがる海外展開の考え方・方法、海外展開しなくても利益のあがる事業展開が可能な方向等)が問われていると考えます。
こうした観点で、関東経済産業局、中小企業基盤整備機構、日本貿易振興機構のご支援をいただき、以下のとおり、「長岡大学地域研究センター・シンポジウム2012」を開催します。多くの企業経営者、関係者、市民の方々のご参加をいただければ幸いです。

☆シンポジウム 2012概要

名  称: 長岡大学地域研究センターシンポジウム2012-中小企業の海外展開とビジネスモデルの再構築-
日  時: 平成24年11月9日(金) 13:30~17:00 (受付開始 13:00)
会  場: アトリウム長岡 (長岡市弓町1-5-1 TEL:0258-30-1250)
参加費: 無 料 (定員100名程度)

<第1部>中小企業の海外展開支援について

講演1 「中小企業の海外展開の現状と今後の課題」
関東経済産業局産業部国際課長 勝本 光久 氏
講演2 「中小企業の海外展開支援施策」
中小企業基盤整備機構関東本部経営支援課長 藤田 陽  氏
(独)日本貿易振興機構企画部総括審議役 入野 泰一 氏

<第2部>パネルディスカッション 「中小企業の海外展開とビジネスモデルの再構築」

コーディネーター/長岡大学 原田 誠司、牧野 智一
報 告 「長岡地域企業のグローバル化対応―アンケート結果報告―」  牧野 智一
パネルディスカッション
パネリスト マコ―株式会社代表取締役社長
株式会社システムスクエア代表取締役社長
株式会社品川鋳造代表取締役社長
新潟県工業技術総合研究所長
長岡市商工部工業振興課長
関東経済産業局産業部国際課長
中小機構関東海外販路開拓シニアアドバイザー
日本貿易振興機構JETRO総括審議役
松原 幸人 氏
山田 清貴 氏
品川 十英 氏
野中  敏 氏
竹田 秀雄 氏
勝本 光久 氏
星  文男 氏
入野 泰一 氏

主  催 : 長岡大学地域研究センター
共  催 : 長岡市、長岡商工会議所、(財)にいがた産業創造機構、NPO法人長岡産業活性化協会NAZE

    
主催者あいさつ
あいさつ
長岡大学長 内藤敏樹
総合司会
長岡大学准教授 村山光博
<第1部>中小企業の海外展開支援について
講演1 「中小企業の海外展開の現状と今後の課題」
関東経済産業局産業部国際課長
勝本 光久 氏
講演2 「中小企業の海外展開支援施策」
中小企業基盤整備機構関東本部経営支援課長
藤田 陽  氏
(独)日本貿易振興機構企画部総括審議役
入野 泰一 氏
<第2部>パネルディスカッション 「中小企業の海外展開とビジネスモデルの再構築」
報 告  「長岡地域企業のグローバル化対応―アンケート結果報告―」
長岡大学専任講師
牧野 智一
 パネルディスカッション  コーディネーター/長岡大学教授 原田 誠司
マコ―株式会社代表取締役社長
株式会社システムスクエア代表取締役社長
株式会社品川鋳造代表取締役社長
新潟県工業技術総合研究所長
長岡市商工部工業振興課長
関東経済産業局産業部国際課長
中小機構関東海外販路開拓シニアアドバイザー
日本貿易振興機構JETRO総括審議役
松原 幸人 氏
山田 清貴 氏
品川 十英 氏
野中  敏 氏
竹田 秀雄 氏
勝本 光久 氏
星  文男 氏
入野 泰一 氏
マコ―株式会社
代表取締役社長
松原 幸人 氏
株式会社システムスクエア
代表取締役社長
山田 清貴 氏
株式会社品川鋳造
代表取締役社長
品川 十英 氏
新潟県工業技術総合研究所
所長
野中  敏 氏
長岡市商工部工業振興課長
竹田 秀雄 氏
関東経済産業局
産業部国際課長
勝本 光久 氏
中小機構関東海外販路開拓
シニアアドバイザー
星  文男 氏
日本貿易振興機構JETRO
総括審議役
入野 泰一 氏
コーディネータ
長岡大学教授 原田誠司
  質疑応答

☆参加者の評価・感想

<参加者>

当シンポジウムの参加者は、90人でした。目標の100名弱で、まずまずの参加状況でした。参加者の内訳は、 製造業企業24人、サービス業等8人、支援機関12人、長岡市会議員2人、長岡市等行政関係10人、その他5人、大学関係14人、学生15人でした。

<シンポジウム・アンケート結果①>

当シンポジウムの参加者によるアンケート結果は、図表1の通りです。80~90%の参加者が「参考になった」と応えてくれました。パネルディスカッションについては、「非常に参考になった」が44%と最も多い反面、「あまり参考にならなかった」も16%と最も多くなっています。シンポジウムへの期待度と実際の差が端的に現れたと言えましょう。

<アンケート結果②-自由記入欄「改善点など」->
アンケートの自由記入欄のご意見は次のとおりでした(重複は1つにしたほぼ全文章です)。
●「講演Ⅰ」の資料の文字が小さくて読みづらかったです。「講演Ⅱ」内容が多く、時間が短かったです。
●講演Ⅱ中小機構のpowerpointの印刷資料が欲しかった。
●ジェトロの講演にもっと時間を割いてもらいたかった。もっと生々しい話しが聞きたい。
●仕方ないかも知れないが、講演Ⅱをはじめとしてボリュームが大きく忙しかったような気がします。
●「関東経産局」「中小公庫」「ジェトロ」縦割りの機能は理解できたが、横断的に各種支援機能を効率的に活用する具体的手段まで踏み込んで説明してほしかった。
●講演においては知らなかった情報があり勉強になりました。パネルディスカッションに関しては特別に新しい内容ではなかったため、あまり学ぶところがありませんでした。
●パネルディスカッションがほとんど製造業社とのディスカッションだったのでかたよりすぎではないですか!?せっかくの機会なので色んな業界のディスカッションがみたかったです。もう少し海外のデータ資料をみたかった!!
●パネルディスカッションは、的はずれな質疑応答だった。話題がぼやけた。品川さんの独演会。
●新潟県、長岡市の具体的な話題も(細部も)あったら良かった。(長岡大の資料を生かして)
●資料を絞った方がわかり易い。
●モノを扱う企業を中心としていて、新産業が無視されていて、自分の事業の参考にはそれほどならなかった。経済の勉強としては役に立ちますが。
●中小企業のこれからについての本音の見方を聞かせてもらいたかった。
●広く参加者を募っていただき、シンポジウムの開催意義を周知願いたい。

<アンケート結果③-自由記入欄「今後のテーマなど」->
今後取り上げてほしいテーマ等は次の通りでした。
●再生エネルギー市場の現状と課題などについて
●食品加工、米菓等の分野のテーマも取り上げていただきたい。
●「IT事業者(web、アプリ、システム開発)の海外展開、海外企業への営業・契約から納品・請求・金銭のやりとりまでの手法」、「WEBマーケティング」など。
●小企業や多様なジャンルの業界をサポートするテーマや事例をとりあげてほしい。新潟県はものづくりの県ですが、もっと違う目線で知りたい! もう少し海外データの資料や動向を知りたいですしほしい!
●シティホールプラザ「アオーレ長岡」についての検証。市民へのアンケート。費用対効果、現状と課題。見直し。さまざまな切り口で調査して頂けないでしょうか。

Home > 地域連携 | 地域連携研究センター | 地域連携研究センターシンポジウム > 平成24年度長岡大学地域研究センター・シンポジウム2012報告    テーマ:「中小企業の海外展開とビジネスモデルの再構築」

Copyright © 長岡大学 All Rights Reserved.