Home > 学生生活 | 学生生活支援 > めざせ!上級資格 (資格取得奨励金制度について)

めざせ!上級資格 (資格取得奨励金制度について)

資格試験・能力検定試験に合格することを目指す学生を支援するために、下記の資格・能力を取得した学生に
奨励金を支給する制度があります。資格試験により奨励金は異なります。
>>  検定・資格受験者・合格者数一覧へ

※平成28年度改定
区分 資格名 級・点数 資格
ランク
奨励金
情報分野 Word 文書処理技能認定試験 1級 受験料相当額
Excel 表計算処理技能認定試験 1級 受験料相当額
PowerPoint プレゼンテーション技能認定試験 上級 受験料相当額
ITパスポート試験 受験料相当額
基本情報技術者 50,000
経済分野 経済学検定(ERE ミクロ・マクロ) 150,000
A+ 50,000
A、B+、B 受験料相当額
環境分野 eco検定(環境社会検定試験) 受験料相当額
医療福祉分野 福祉住環境コーディネーター 1級 150,000
2級 受験料相当額
3級 受験料相当額
医療事務管理士 医科 受験料相当額
経営・
マーケティング
分野
経営学検定 中級 50,000
初級 受験料相当額
中小企業診断士試験 科目合格 50,000
リテールマーケティング(日商販売士)検定 1級 150,000
1級 科目合格 50,000
2級 受験料相当額
3級 受験料相当額
会計分野 日商簿記検定 1級 150,000
2級 50,000
3級 受験料相当額
税理士試験 科目合格 150,000
公認会計士試験 短答式合格 150,000
金融分野 ファイナンシャル・プランニング技能検定
2級、又は、AFP資格 50,000
3級 受験料相当額
消費者生活アドバイザー 1次、2次合格 同時合格 150,000
1次合格 A 50,000
語学分野 TOEIC 800点以上 150,000
700点以上800点未満 50,000
500点以上700点未満 受験料相当額
実用英語技能検定(英検) 1級 50,000
準1級 受験料相当額
2級 受験料相当額
中国語コミュニケーション能力検定(TECC) レベルA 150,000
レベルB 50,000
レベルC 受験料相当額
レベルD 受験料相当額
ハングル能力検定試験 1級 150,000
2級 50,000
準2級 受験料相当額
3級 受験料相当額

資格取得奨励金制度について

1.同じ資格試験において、奨励金の上限は取得年度を問わず在学期間中150,000円とする。

例1:「TOEIC」で700点を取得し「資格試験A」で50,000円の奨励金を受給し、次回に800点とった場合は、「資格試験S-A」の差額の100,000円を受給する。これ  以降「TOEIC」での奨励金の支給は行わない。年度をまたがった場合も同じ。
例2:「TOEIC」700点→710点→720点 という順に取得した場合は、50,000円ずつ支給し、これ以降は支給しない。
例3:中小企業診断士試験は科目合格毎に支給するので、3科目まで「資格試験A」の受給が可能となる。

2.(同じ資格試験において)合格し奨励金を受給後、次回以降にそれよりも下級(難易度が低い)に合格した場合は奨励金の支給はしない。資格の評価が、得点(スコア)の場合も同じ。

例1:「TOEIC」で700点取得し、「資格試験A」で50,000円の奨励金を受給後、次回のスコアが600点だった場合は、「資格試験B」の対象にはならない。
例2:「日商簿記検定」を3級→2級という順に合格した場合は、2回「資格試験B」を支給するが、2級→3級という場合は、2級合格時のみ「資格試験B」を支給する。
但し、同日に複数の級を受験し、合格した場合は、2回支給する。

3.年2回、9月と3月に申請期間を設けて、学生が申請し、それに基づき支給する。

申請書様式ダウンロード

4.この奨励金制度は平成24年度から実施する。

 

Home > 学生生活 | 学生生活支援 > めざせ!上級資格 (資格取得奨励金制度について)

Copyright © 長岡大学 All Rights Reserved.