- 長岡大学 - http://www.nagaokauniv.ac.jp -

三大学地域と分野を越えた合同研究会

三大学地域と分野を越えた合同研究会(H23 ヒューマンパワーアッププロジェクト)

様々な分野を研究する学生たちによる研究発表会です。参加する大学は長岡大学、仙台の東北文化学園大学、山形県立産業技術短期大学校の三大学の4ゼミ(チーム)です。
これは、6月に採択されたヒューマン・パワーアップ・プロジェクトの取り組みの一つです。
この発表会は、以下の3つの目的を達成できる場にしたいと考えています。

  1. 新たな力を培う
    • 研究を通し、今まで学んできたものを使ってみるとともに、発表会に向け自分を鍛え新たな力を培う場にする。
  2. 自分を見つめなおす
    • 研究発表会を通し他大学・ゼミの学生の中で力試しし、自分を再認識する機会にする。
  3. 自分たちの研究をより良いものにする
    • 研究発表会を通し意見交換等することで自分たちの研究を客観的に見つめ直す機会にする。

三大学地域と分野を越えた合同研究会は11月26日(土)、27日(日)に山形県で開催する予定です。長岡大学からは、2つのチームが参加します。 →プログラムはこちら
随時、進捗状況を掲載していきます。

チーム1 「山形県立産業技術短期大学校・佐藤ゼミ」

担当教員 佐藤隆也 准教授
参加学生 4名
研究発表内容 平成23年度卒業研究テーマ
「ブライダルマーケティングに活かせるCAD・CAMシステムについて」(仮題)草島梓
「ユニクロとアパレル業界の売上高の推移からみちびきだされることについて」(仮題)柴田夏美
「顧客満足を実現する地元スーパーマーケットの商品戦略(例:惣菜)について」(仮題)後藤行史
「中心市街地活性化の研究―県内商店街の成功事例から」(仮題)吉田明弘
現2年生は就職内定者が1名、2名は就職活動中です。10月からそれぞれテーマに沿った研究を始めています。

チーム2 「東北文化学園大学・立花ゼミ」

担当教員 立花顕一郎 准教授
参加学生 8名
研究発表内容  アメリカで起きていることは高い確率で日本でも起きるということを前提に、私のゼミでは市民の貧富の格差拡大や若者の貧困問題などアメリカの社会問題の現状を学んでいます。
私が経験したアメリカの授業スタイルと同様に、教員と学生による議論を中心にして、その中から何かを発見することを目標にしています。
私が一人で一方的な講義をすることは決してありません。三大学合同研究会では、私のゼミの3年生と現在読んでいる『米国製エリートは本当にすごいのか?』(佐々木紀彦著、東洋経済新聞社)についての議論を行いたいと思っています。

チーム3 「長岡大学・松本ゼミ」

担当教員 松本和明 准教授
参加学生 人間経営学科3年 津野 慶一朗
人間経営学科3年 齋藤 聖良
人間経営学科3年 田辺 崇宏
テ ー マ 「丸山智氏オーラルヒストリー」(仮題)
研究発表内容  本学、岸本先生の研究チームが「新潟県の米菓工業」をテーマとしていますが、この関連として、松ゼミでは米菓工業の発展・成長を主導してきた企業家・経営者のインタビュー(いわゆる「オーラル・ヒストリー」)をおこない、その成果を発表する予定です。
対象者は、業界を代表する企業の1つである岩塚製菓元社長(現・長岡商工会議所会頭および新潟県米菓工業協同組合理事長)の丸山智氏および栗山米菓元社長・会長(現・相談役)の栗山清氏です。
文献や新聞・雑誌の記事およびインターネット上の情報だけでは知ることが難しい当事者たちの証言を聞き取ることは、米菓工業だけでなく、企業・産業の成長および革新のダイナミズムを解明するのにおいて、極めて有益かつ有意義であると考えています。
→進捗状況はこちら

チーム4 「長岡大学・新潟県米菓研究チーム」

担当教員 岸本徹也 准教授
参加学生 人間経営学科3年 岩城 愛
人間経営学科3年 片野 未穂
人間経営学科3年 斎藤 美如
テ ー マ 「新潟県における米菓産業の歴史的発展プロセス」
研究発表内容 ~新潟県における米菓産業の発展プロセス~
新潟県の米菓産業は業界シェア50~60%を占めるほどの力を有しています。しかし、意外にも新潟県の企業は米菓業界への参入が遅く、また県内企業で現在業界トップである亀田製菓をはじめ、三幸製菓、岩塚製菓は、県内の米菓企業のなかでも後発組でありました。
後発である新潟県の米菓産業が発展できたのは、ただの「米どころ新潟」という一言では説明できません。
新潟県の米菓産業がどのように発展することができたのかを、大量生産体制と大量販売体制の構築過程を軸に、原材料である米の法制度、協同組合、県の研究機関、との関係も視野に入れ、後発であった新潟県の米菓産業がどのように全国トップシェアを獲得していったのか、その発展段階を明らかにしていきたいと思います。
→進捗状況はこちら

「三大学地域と分野を越えた合同研究会」プログラムと報告

三大学地域と分野を越えた合同研究会プログラム
三大学地域と分野を超えた合同研究会を終えて(報告)
アンケート調査結果
本研究会企画委員の感想