Home > 就職支援 > 就職支援室の取り組み

就職支援室の取り組み

長岡大学就職支援室4つの支援策

就職支援室では、「就活前支援」「就活支援」「入社前支援」「入社後支援」を基本となる4つの支援策と位置づけ、学生のキャリア形成全般をワンストップで対応します。

就活前支援

shien-01「就職活動はしないといけないのはわかっている、でもどうやって進めたらよいのかわからない。」という学生がほとんどです。一歩が踏み出せずにズルズルと時間だけが過ぎてしまう、そのようなことがないように、就職支援室ではキャリア開発Ⅰ・Ⅱ・Ⅲへ積極的に関わり、就活のイロハから指導し、これから始まる就職活動を円滑に進められるようにサポートを行います。また、「就職支援カルテ」全学生に記入・提出してもらい、同時に個別面談のよるヒアリングを実施。学生の希望、特性など、就職支援に必要な情報を把握した上で、個々に合った就職支援を行う準備を行います。

就活支援

IMG_5829s2

就職支援において我々が最も大切にしていることは「企業との連携」そして「学生とのコミュニケーション」です。就職するにあたり、情報の「量」と「質(鮮度)」は欠かせないポイントの一つです。企業訪問を軸とした求人開拓を積極的に実施し、マッチング(企業に合った学生、学生に合った企業)を全力で追求していきます。企業と信頼関係を築き、大学内における合同企業セミナーや

単独の企業説明会、選考会などを積極的に提案しながら、学生の就職活動を活発化させ、企業理解を深めることで早期内定を目指します。また、履歴書自己紹介書の添削や面接指導等、就職に必要なスキル面は専門の職員が徹底的に指導します。就職支援室に通うこと、活用することが就職への一番の近道です。

入社前支援

kigyokengaku

学生は企業から内定をいただいてから始めて真剣に自分の将来を考えると言っても過言ではありません。学生は卒業が近づき社会に羽ばたくことが現実味を帯びてくると、同時に大きな不安感を感じるものです。そこで、就職支援室は学生との面談を通して、働くことに不安を感じている学生のフォローを積極的に行います。また、入社前研修や内定式などにおける疑問点等、どんな細かな相談も受け付けることで、学生の不安を少しずつ解消し、入社に向けて心身ともに万全の体勢を備えていけるようフォローします。

入社後支援

syuusyokustaff長岡大学就職支援室では、入社後、現職へのミスマッチや将来への不安、そして職場・仕事への悩みなどを抱えているOB・OGの方々への就職支援にも対応します。また、未就職のまま卒業を迎えた方や、離職してしまった方には、再就職支援をはじめ、在学生と同様のサポートを実施しています。長岡大学には、企業との関わりの中から、ハローワークや職業斡旋業者にはない大学独自の企業情報や求人情報等が数多く蓄積されています。その利点を活かしながら、皆さんの卒業後のサポートもお約束します。

Home > 就職支援 > 就職支援室の取り組み

Copyright © 長岡大学 All Rights Reserved.