Home > 大学案内 | 情報公開 > 公的研究費の適正な管理・運営及び研究活動における不正行為への対応について

公的研究費の適正な管理・運営及び研究活動における不正行為への対応について

本学では、「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)」(平成19年2月15日文部科学大臣決定、平成26年2月18日改正)及び「研究活動における不正行為への対応等に関するガイドライン」(平成26年8月26日文部科学大臣決定)の策定を受け、下記のとおり体制、規程等を整備しました。
これらを遵守し、公的研究費の適正な管理・運営及び研究活動における不正行為の防止に努めて参ります。

1.不正防止のための取り組み

・長岡大学における公的研究費の適正な使用に係る行動規範
・長岡大学における公的研究費の不正防止計画

2.諸規程の整備

・長岡大学公的研究費の取扱に関する規程
・長岡大学研究活動に関わる不正行為等の防止に関する規程
・大学教職員懲戒規程

3.取引業者の皆様へ

本学では、長岡大学公的研究費の取扱に関する規程第16条により、公的研究費による1件あたり150万円以上の取引を行う際には、誓約書の提出を求めています。
また、不正な取引が発覚した場合には、学校法人中越学園固定資産及び物品購入規程第5条により取引を停止します。
不正を起こさないための環境づくりに、ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

4.相談・通報窓口

本学の公的研究費の不正使用、研究活動における不正行為等の相談・通報窓口は以下のとおりです。
担当:総務課長
TEL:0258-39-1600(内線)102
FAX:0258-33-8792
※原則として実名の相談・通報のみ受け付けます。

Home > 大学案内 | 情報公開 > 公的研究費の適正な管理・運営及び研究活動における不正行為への対応について

Copyright © 長岡大学 All Rights Reserved.