Home > 学生 > ヒューマンパワーアッププロジェクト2016公開プレゼンテーションを開催しました。

ヒューマンパワーアッププロジェクト2016公開プレゼンテーションを開催しました。

  • 2016-06-30 (木) 12:57
  • 学生

6月22日(水)長岡大学第5会議室において「平成28年度ヒューマン・パワーアップ・プロジェクト(HPP)」の公開プレゼンテーションが行われました。HPPとは、平成19年度から本学で取り組んでいる、人間力や社会基礎力等を伸長させることを目的とした、学生の自主的な活動支援のための“公募型人間力育成奨励金制度”のことをいいます。
今回は書類審査を通過した4団体が公開プレゼンテーションに挑みました。その結果、指導条項付きながら、4団体すべての事業が採択されました。今後、各団体はそれぞれが企画した事業を実践に移していくことになります。また、年度末には報告会を実施し、事業の成果等について発表する予定です。

≪今回採択された事業≫

1.写真部
160622-01 事業名 写真を通じた東山地域の魅力発信活動
代表者 安達清志
採択額 未定
目 的 東山地域で行われている活動について学内外多くの人に知ってもらう。
撮影活動や写真展を通して学内のみならず地域の住民と交流を図る。
撮影活動を通じて写真の撮影技術向上を狙う。
2.アウトドア部
 160622-02 事業名 災害時支援の技術習得事業
代表者 土田早穂子
採択額 153,000円
目 的 キャンプやアウトドアを通して、先輩・後輩・留学生と協力性を高め、災害時の防災訓練を兼ねながら活動を行い、いざという時に役立つ知識や行動力を身につけたい。
3.男子ソフトボール部
 160622-03 事業名 第31回東日本大学ソフトボール選手権大会への出場
代表者 中務健
採択額 200,000円
目 的 この大会に出場することにより、全国のレベルを体感し、来年こそ全日本インカレに出場できるように経験を積みたい。また、出場することにより、部員の意識を高め、結束を強くすることで来年度のインカレ予選勝利に近づきたい。
4.チーム十分杯
 160622-04 事業名 思わず記念撮影がしたくなる「十分杯PR衣装」作り
代表者 大滝皓史
採択額 113,940円
目 的 十分杯を紹介していると一目でわかる衣装を作る。また長岡ならではのデザインを取り入れ、話の種になるようなアピールポイントを設ける。
より長岡らしい言葉を盛り込んだ“のぼり”を作製し、長岡藩の精神・十分杯のメッセージをわかりやすく正確に伝える。
独自のはっぴを作ることで、メンバーの結束を強め、活動の活性化に向け意識を高める。

Home > 学生 > ヒューマンパワーアッププロジェクト2016公開プレゼンテーションを開催しました。

Copyright © 長岡大学 All Rights Reserved.