Home > 学生 > 新潟県女子留学生日本語弁論大会で2名の学生が入賞しました。

新潟県女子留学生日本語弁論大会で2名の学生が入賞しました。

  • 2016-07-01 (金) 15:05
  • 学生

6月26日(日)、アオーレ長岡で新潟県女子留学生日本語弁論大会が開催されました。
日々の専門分野の勉強、研究に励みながら、日本語を学び、日本文化に触れてきた学生たちが、感じた事、願いや思いを込めて弁論を行いました。
長岡大学からは書類審査を通過した2名の学生が発表し、エンフジンさん(モンゴル出身、3年生)が最優秀賞、バヤルジャルガランさん(モンゴル出身、3年生)が優良賞を受賞しました。

20160626-01
「世界平和のためにできること
~マイナスからプラスへ」
バヤルジャルガランさん(モンゴル出身、3年生)
20160626-02
「世界平和のためにできること
~世界の人々の交流で世界平和を守ろう」
エンフジンさん(モンゴル出身、3年生)
20160626-03
羽賀友信実行委員長より表彰
20160626-04
記念撮影
20160626-05 右 最優秀賞 エンフジンさん
左 優良賞 バヤルジャルガランさん

学生の感想
エンフジンさん
私にとって日本に来てから参加した2回目のスピーチコンテストでしたので、緊張はあまりしませんでした。出場する順番が一番最後だったため、待っている時間がすごく長く感じられました。
最優秀賞をいただき、秋に東京で行われるブロック大会に参加することになりました。早めに練習を始めて、頑張っていきたいと思います。

バヤルジャルガランさん
自分と同じく留学している学生たちのスピーチにとても関心し、さまざまな意見を聞けて大きな刺激となりました。初めてのスピーチで、さらに一番最初に発表したのでとても緊張しました。
これからも多くのスピーチコンテストにチャレンジして行きたいと思っています。応援してくれた家族や友達そして新潟県女子留学生弁論大会の実行委員のみなさまに感謝しています。ありがとうございました。

Home > 学生 > 新潟県女子留学生日本語弁論大会で2名の学生が入賞しました。

Copyright © 長岡大学 All Rights Reserved.