Home > 教育・学術 > (公財)消費者関連専門家会議の「2014年ACAP消費者問題に関する『わたしの提言』」で、申請時4年生の太田愛実さんが見事入選しました。

(公財)消費者関連専門家会議の「2014年ACAP消費者問題に関する『わたしの提言』」で、申請時4年生の太田愛実さんが見事入選しました。

公益財団法人消費者関連専門家会議(ACAP)の「2014年ACAP消費者問題に関する『わたしの提言』」で、申請時4年生の太田愛実(おおたいつみ)さんが、80作品の応募総数の中で、見事上位7位以内の「入選」を受賞しました。
この結果は、5月25日(月)東京で開催された消費者庁主催「消費者月間シンポジウム」席上で発表され、5月28日(木)に東京都内ホテルにて公益財団法人消費者関連専門家会議(ACAP)表彰式が執り行われました。

太田さんは、2014年度の在学生で、橋長真紀子講師が指導する「消費者の法律1」「消費者の法律2」を履修していた学生です。授業の課題レポートとして提出した「わたしの提言」を、橋長講師が公益財団法人消費者関連専門家会議(ACAP)の表彰制度に応募したものです。

太田さんの表彰作品および本表彰制度の概要は、以下のWebサイトよりご参照いただけます。

● 2014年 ACAP消費者問題に関する「わたしの提言」入賞作品一覧
 入選「食品ロスを減らすためにすべきこと」 太田愛実 長岡大学 (新潟県在住)

● 公益財団法人消費者関連専門家会議(ACAP)プレスリリース
「2014年 ACAP消費者問題に関する『わたしの提言』、受賞作きまる」

Home > 教育・学術 > (公財)消費者関連専門家会議の「2014年ACAP消費者問題に関する『わたしの提言』」で、申請時4年生の太田愛実さんが見事入選しました。

Copyright © 長岡大学 All Rights Reserved.