Home > COC事業

COC事業

平成28年度 女性のための起業セミナーのご案内

『私らしく生きる!』- そんなあなたを長岡大学が応援します。

長岡大学では、平成26年度から、<女性のための起業セミナー>を開催し、今年度は3年目になります。過去2年間に、15名が受講し、うち2名の女性起業家が創業しました。また、このセミナーと合わせて、<創業支援メンター>の活用制度も設けております。この起業セミナー終了後も専門の経営コンサルタントが創業・起業の相談等支援を行います。
女性の起業家を輩出することが地域の経済・産業の成長をリードします。多くの女性起業家の皆さんが参加されることを期待します。

【 10名限定 先着順 】

対 象 : 起業を予定している女性、および起業後3年以内の女性
時 間 : 18:30~20:30
受講料 : 無料(ただし、資料代として2,000円)  会 場:長岡大学(長岡市御山町80-8)
講師陣 : 小松 俊樹(長岡大学教授/中小企業診断士)
今井 進太郎(グローカルマーケティング㈱代表取締役/中小企業診断士)
山田 康博(税理士法人ながおか会計/税理士)ほか <順不同>

月  日 内  容 講師名
第1回
7月14日(木)
オリエンテーション/自己紹介/魅力ある事業計画の作り方① 小松 俊樹
女性起業家体験談・農プロデュース リッツ 代表 新谷 梨恵子
第2回
7月21日(木)
創業に効くネット活用法 今井 進太郎
第3回
7月28日(木)
創業財務 ポイントはこれだけ 山田 康博
第4回
8月4日(木)
魅力ある事業計画の作り方② 小松 俊樹
第5回
8月10日(水)
女性起業家体験談・㈱サマンサハート 代表取締役 高橋 真由美
成果発表 小松 俊樹

IMG_0315s【 ビジネスプラン相談会 】
具体的なビジネスプランをもとに、創業実現に向けて 講師陣が個別に相談に応じます。受講された方は、どなたでも参加できます。(参加費無料)
*セミナー終了後、9月に3回(予定)開催。
*日時は参加希望者と相談の上、決定します。

主催:長岡大学地域連携研究センター
後援:長岡市、長岡商工会議所、NPO法人長岡産業活性化協会NAZE、公益財団法人にいがた産業創造機構

お申込み・お問合せ

<締め切り 平成28年7月13日(水)>
参加希望の方は、下記へお申し込み下さい。
(ご登録いただいた個人情報は、本学規定に従い厳正に管理します。)

長岡大学 地域連携研究センター 担当:小田原
TEL 0258-39-1600(代)
FAX 0258-39-9566
E-mail:chiken@nagaokauniv.ac.jp
※ご利用の際には@(全角)を@(半角)に置換してください。

>> 申込フォームへ
>> 案内チラシへ
>> 創業支援メンター活用のご案内

第3回 悠久山・東山フォーラムのご案内(3月5日)

yukyuzan201603第3回悠久山・東山フォーラムを開催します。
平成25年度第1回目のフォーラムでは、みなさんと悠久山・東山の魅力を再発見し、第2回目のフォーラムでは、地域の方たちと作成した悠久山・東山のマップを基に地域の魅力をどう活かすかディスカッションしました。
今回のフォーラムでは、地域の方たちがどんな交流をしているか、どのように地域の資源を活かしているか、3つの地区の方から実践例を紹介していただきます。
「ひとりひとりができること」を一緒に考えてみませんか。

日 時| 平成28年3月5日(土)13:30~16:30
会 場| 長岡大学 地域交流ホール
定 員| 50名(先着順)  参加費| 無料

★「悠久山・東山フォーラム」は、地域再生・活性化の核となる大学の形成を目的にした文部科学省の「地(知)の拠点整備事業」(大学COC事業)における「長岡地域〈創造人材〉養成プログラム」の一環として行うものです。
150307-07 150307-08
平成26年度 第2回悠久山・東山フォーラムの様子

第1部 事例発表
栖吉地区   古屋 信司 氏 「悠久山の歴史を活かすこと」
山通地区   川上 洋一 氏 「子どもに伝える山通の魅力」
四郎丸地区  山川 成雄 氏 「赤城コマランドがなぜできたか」
第2部 パネルディスカッションと意見交換
「ひとりひとりができること」
<パネリスト> 栖吉地区   古屋 信司 氏
山通地区   川上 洋一 氏
四郎丸地区  山川 成雄 氏
<コーディネーター> 長岡大学准教授 米山 宗久
司会・進行 長岡大学事務局長 品川 十英

◆主催 長岡大学 地域連携研究センター
◆後援 長岡市

申し込み

電話、FAXでお申込下さい。FAXでのお申込の場合は、チラシの下欄に記入し、下記のFAX番号に送信して下さい。お申込いただいた個人情報は、長岡大学規定に従って厳正に管理します。
申込締切:3月2日(水)。当日参加も歓迎です。
>>チラシはこちらです。
長岡大学地域連携研究センター 担当:山田
〒940-0828 新潟県長岡市御山町80-8
TEL 0258-39-1600(代)  FAX 0258-39-9566

平成27年度<地域志向教育研究>成果発表会のご案内

20150225-01長岡大学COC事業=「長岡地域<創造人材>養成プログラム」(平成25~29年度)の研究分野の一翼を構成する事業である<地域志向教育研究>を平成27年度は7件実施しました。同成果の発表会を次の要領で開催します。
ご関心をお持ちの方々の参加をお待ちしております。参加費は無料です。お気軽にお越しください。

開催要領

1 名称 平成27年度<地域志向教育研究>成果発表会
2 日時 平成28年3月2日(水) 13:30~17:00
3 会場 長岡大学226講義室

次 第

■はじめに-地域志向教育研究について- 原田誠司
■成果発表(各課題につき発表14分、質疑応答10分)

研究課題 教員名
中越地域製造業の企業系譜と技術系譜作りから見えてくるもの(継続) 權五景
新潟における戦争の記憶(継続) 兒嶋俊郎
長岡市域の製造業における管理会計システムの普及に関する研究 中村大輔
新潟県の中小・地域金融機関による持続可能な社会の形成に向けた金融行動の現状と問題点、県内企業の環境金融活用現状を探るための調査(継続) 西俣先子
地域産業界が求める若者人材ニーズ等に関する基礎調査 原田誠司
地域企業の経営発展と成長および企業者活動についての研究-北越紀州製紙のケース-(継続) 松本和明
地域の『温泉』の特色と魅力、および地域資源としての活用方向 山川智子

申込方法 平成28年2月26日(金)締め切り

参加希望の方は、下記へご連絡ください。
長岡大学 長岡大学地域連携研究センター 担当:近藤
TEL 0258-39-1600(代)
FAX 0258-39-9566
e-mail:chiken@nagaokauniv.ac.jp ※ご利用の際には@(全角)を@(半角)に置換してください。

>> FAX用申し込み用紙(PDF文書)へ

2015長岡大学地域連携研究センターシンポジウム「人口減少時代と長岡地域活性化の方向-長岡地方創生への視点-」を開催しました。

「地(知)の拠点整備事業」(大学COC事業) 長岡地域〈創造人材〉養成プログラム
2015長岡大学地域連携研究センターシンポジウム

人口減少時代と長岡地域活性化の方向-長岡地方創生への視点-

sy20151120-01大学COC事業として、「人口減少時代と長岡地域活性化の方向-長岡地方創生への視点-」をテーマにシンポジウムを開催しました。シンポジウムでは、8月に実施した「人口減少問題等に関する全国市区町村アンケート調査」の結果を報告するとともに、長岡市地方創生総合戦略を推進している各界の方々を中心にして人口減少問題の諸相を掘り下げ、今後の長岡地域の活性化方向=地方創生への視点について、討論いたしました。
参加者は、行政、市議会議員、企業、NPO法人など多岐にわたり、80名弱でした。パネリストの活発な意見交換等で、長岡市の人口減少問題、地方創生の視点が見えてきたと思われます。

日  時 : 平成27年11月20(金) 14:30~17:00
会  場 : 長岡グランドホテル「悠久の間」

<第1部>基調報告 「人口減少時代と長岡地域活性化の方向」

sy20151120-02長岡大学教授 鯉江 康正

<第2部>「人口減少時代と長岡地域活性化の方向-長岡地方創生への視点-」

sy20151120-03

 sy20151120-04 パネリスト
大森 政尚 氏
大森木工株式会社 代表取締役
 sy20151120-05 栗原 里奈 氏
「NPO法人思いのほか」代表理事、「移住女子」
 sy20151120-06 小柳   徹 氏
株式会社北越銀行 コンサルティング営業部副部長
 sy20151120-07 長谷川和明 氏
長岡商工会議所事務局 次長
 sy20151120-08 中村 英樹 氏
長岡市市長政策室 政策企画課課長
 sy20151120-09 鯉江 康正
長岡大学教授
 sy20151120-10 コーディネーター
原田 誠司
長岡大学地域連携研究センター運営委員長/長岡大学副学長

主  催 : 長岡大学地域連携研究センター
共  催 : 長岡市・長岡商工会議所・公益財団法人にいがた産業創造機構・NPO法人長岡産業活性化協会NAZE・株式会社北越銀行

参加者の評価・感想

<アンケート結果①>
anq20151120

<アンケート結果②-自由記入欄「改善点など」->
・自治体同志で人口の取り合いをしても、未知なる目標を全市町村でかかげても、大半の自治体は達成出来ない。8,000万人体制を現実ととらえて、社会経済、福祉すべてマイナスの現実を示して、そろそろ強権発動しないとまったく対策してないより悪くなってしまう。
・シンポジウム参加の方と参加している方とのフリートークの時間を少しもっていただければ、いろんな発想や考え、アイディアが出ると思います。住んでいる方がより実感している中から意見が出るのではないでしょうか。
・長岡地域の熱心な取組は素晴らしい!!と思います。今後も継続して頑張っていただき成果を上げて欲しいと思います。
・パネリストがやや多すぎたように思います。的を練った展開を期待します。
・参加に対して何を発信し、どのようにCOCにかかわったのかが分らなかった。
・概略を知っての参加だったので理解できたところが多く感じた。図形式で関係を示すなどあればよかった。
・参加者が何に関心があり、当シンポジウムにご出席されたかを知りたかった。具体化が始まったと改めて確認できたこと。
・各パネリストから1枚紙でよいので取組のレジュメがあると良いと思った。

平成27年度 学生による地域活性化プログラム成果発表会を開催しました。

12月5日(土)ホテルニューオータニ長岡NCホールにおいて、平成27年度長岡大学生による地域活性化プログラム成果発表会を開催いたしました。参加者は学生を含め195名(一般参加者56名、アドバイザー19名、学生79名、教職員41名)でした。今年度は9つのゼミナールが成果発表を行いました。発表後には、各ゼミの地域連携アドバイザーから活動に対する貴重なご意見をいただき、今後実施するべき調査・改善すべき点等、次年度に向けた方向性も含め、多くのアドバイスをいただきました。また、総合アドバイザーからは、取組全体をとおしてのご意見・各ゼミの活動内容・プレゼンテーションの方法等、幅広くアドバイスをいただきました。

このような活動を通じて学生の社会人基礎力は大幅に向上したと思われます。次年度も引き続き学生による地域活性化プログラムを計画しており、学生が地域人として活躍できるものと期待しております。

 学生による成果発表
1.橋長真紀子 ゼミ
未来の農業革新Ⅱ
-長岡の食の魅力を伝える観光業への貢献-
2015成果発表会0009
2.村山光博 ゼミ
企業の情報発信とホームページの役割
2015成果発表会0020
3.高橋治道 ゼミ
地域の魅力発信による絆結び
-高橋九郎の活躍を後世につなげる-
2015成果発表会0028
4.広田秀樹 ゼミ
グラスルーツグローバリゼーション
-草の根・地域からの地球一体化推進-
2015成果発表会0032
5.鯉江康正 ゼミ
まちの駅の情報発信とおもてなし事例調査
2015成果発表会0052
6.米山宗久 ゼミ
「空き家を使った移動販売型買い物支援」の実現に向けて
2015成果発表会0055
7.山川智子 ゼミ
長岡周辺地域の温泉資源の現状分析と情報発信
2015成果発表会0077
8.中村大輔 ゼミ
地域イベントにおける広報活動の重要性
-ながおかバル街を例として-
2015成果発表会0082
9.權五景 ゼミ
十分杯で長岡を盛り上げよう!
2015成果発表会00299
講評
2015成果発表会0097
長岡市市長政策室政策企画課
課長 中村 英樹 氏
2015成果発表会0108
株式会社パルメソ
代表取締役 松原 亨 氏
2015成果発表会00232 2015成果発表会00222
 各発表ごとに、地域連携アドバイザーの方からも貴重な意見やアドバイスをいただきました。
2015成果発表会00180 2015成果発表会00167
2015成果発表会0088
2015成果発表会00309
 ご支援いただき、ありがとうございました。

長岡大学地域連携研究センター年報「地域連携研究」第2号を掲載しました。

長岡大学地域連携研究センターは、運営委員会と調査研究部会、市民講座部会、地域連携部会の3部会をもうけて、事業を推進しています。
長岡大学地域連携研究センター年報「地域連携研究」第2号を刊行いたしました。
地域の皆様からご意見、ご注文をいただければ大変うれしく思います。今後とも、ご支援ご協力のほどお願いいたします。
vol_25 CONTENTS

地域連携研究 年報 地域連携研究 第2号
地域連携研究 年報 全文
特集2014長岡大学地域連携研究センターシンポジウム
企業競争力を支える<創造人材>の育成へ!-創造人材調査をベースに-
第1部 基調報告
新潟・長岡地域における創造人材の現状と育成の方向
原 田 誠 司
第2部 パネルディスカッション
「企業競争力を支える<創造人材>の育成へ!-創造人材調査をベースに-」
松原 亨、中村功一、
槙 春夫、岸 保行、小松俊樹
論稿
<平成26年度長岡大学COC事業・調査研究成果>
新潟・長岡地域における創造人材の現状と育成の方向
原 田 誠 司
<平成26年度長岡大学COC事業・調査研究成果>
田村文吉の足跡と活動 再考 ―長岡地域の産業史・企業家史に関する資料(Ⅱ)―
松 本 和 明
<平成26年度長岡大学COC事業・調査研究成果>
技術の収斂先としての地域企業―新潟県中越地域の産業系譜図の作成から見えたもの―
權   五 景
史料紹介『満鉄研究中心資料叢書 満鉄内密文書』 兒 嶋 俊 郎
冷戦におけるソ連の国際政治戦略の基幹原則
―国際政治のメガトレンドはいかに形成されるか―
広 田 秀 樹
子育て意識の多様化と子育て支援 米 山 宗 久
長岡大学地域連携研究センターご案内
センター日誌
長岡大学地域連携研究センター規程

>> 地域連携研究センター年報一覧へ ISSN2189-0331

「長岡大学地域交流会~クリスマス交流会~」のご案内

santa2015長岡大学COC事業による「地域・コミュニティ活性化」の取り組みの一環として、「クリスマス交流会」を開催いたします。
小国和紙を使った名刺入れ作りやクリスマスライブ、農産品の販売など、楽しいイベントを企画しております。
お気軽にお越しください。お待ちしております。

日時・会場

11月28日(土) 10時~12時
長岡大学1号館2階 学生ホール 【入場無料・入退場自由】

イベント内容

手作りワークショップ(無料)
丈夫で風合いのある小国和紙を使った名刺入れを作ります。自慢できますよ!

クリスマスライブ
長岡大学軽音部および職員有志によるライブを開催します。みんなで盛り上りましょう!

農産品の販売 
中心市街地の若手と中山間地の高齢者をつなぐ活動をしている、つむぐ庭(つむぐわ)さんが新米や大根、サツマイモなどを販売します。

綿菓子プレゼント
米山ゼミナールが綿菓子を作ります。無料です。お楽しみに!
141213-03 141213-07

お問い合わせ先

長岡大学 地域連携研究センター
担当:脇田
電話:0258-39-1600(代)
※準備&当日のボランティアも募集しています。脇田までご連絡ください。

創業セミナー〔一般 ・ シニア向けコース〕のご案内

sogyo01長岡大学では「長岡地域<創造人材>養成プログラム」事業の1つとして、長岡市の地方創生事業「オリーブ構想」との連携のもとで起業人材養成セミナーを開講しています。併せて創業・起業支援メンターによる日常的支援も行い、確実な創業・起業家輩出の一翼を担いたいと考えています。今年度も一般・シニア向けコ-スとして下記の通り開講します。
創業支援メンター制度については、こちらをご覧ださい。

募集対象 創業・起業に関心のある方。性別および年齢は問いません。
講師陣 小松俊樹(長岡大学教授/中小企業診断士)、今井進太郎(グローカルマーケティング㈱代表/中小企業診断士)、山田康博(山田会計事務所/税理士)ほか
定 員 20名(先着順) ※12月7日(月)までにお申込みください。
受講料 無 料
会 場 長岡大学
時 間 18:30~20:30

 シラバス
開 講 日
テ ー マ 講 師
第1回
12月 9日(水)
創業・起業 成功のポイント・創業計画シートの説明/自己紹介 小松俊樹
第2回
12月16日(水)
実践!売れる仕組みの作り方1 小松俊樹
第3回
1月13日(水)
実践!売れる仕組みの作り方2 小松俊樹
第4回
1月20日(水)
創業財務と諸手続き 山田康博
第5回
1月27日(水)
創業に良く効くネット活用1 今井進太郎
第6回
2月  3日(水)
創業に良く効くネット活用2 今井進太郎
第7回
2月10日(水)
資金調達のポイント/創業体験談 日本政策金融公庫ほか
第8回
2月17日(水)
成果発表/開業プロモーション計画 小松俊樹

ビジネスプラン相談会

具体的なビジネスプランをもとに、創業実現に向けて講師陣が個別に相談に応じます。受講された方は、どなたでも参加できます。(参加費は無料です)
*セミナー終了後に3回程度(予定)開催。
*日時は参加希望者と相談の上、決定します。

主 催|長岡大学地域連携研究センター
後 援|長岡市・長岡商工会議所・NPO法人長岡産業活性化協会NAZE・公益財団法人にいがた産業創造機構

申込方法 平成27年12月7日(月)締め切り

sogyoseminar2015参加希望の方は、下記へお申し込み下さい。
長岡大学 長岡大学地域連携研究センター 担当:南雲
TEL 0258-39-1600(代)
FAX 0258-33-8792
e-mail:nagumo@nagaokauniv.ac.jp ※ご利用の際には@(全角)を@(半角)に置換してください。

 

東部地域活性化シンポジウム「長岡市東部地域の活性化に向けて」を開催しました。

10月24日(土)の悠久祭(長岡大学祭)で、東部地域活性化シンポジウム「長岡市東部地域の活性化に向けて」を開催しました。本学教員による講演および雪国植物園園長をはじめとする有識者によるパネルディスカッションを行いました。
地域資源のより一層の活用と、新たな魅力の掘り起こし、東部地域のさらなる活性化の手がかりになるような意見が多く出されました。
参加者の方々が最後まで熱心に聞き入る姿が見られ、充実したシンポジウムとなりました。今後の活性化に向けて年に数回、地域の方々が気楽に立ち寄られるシンポジウムを開催していきたいと考えています。

第1部 講 演

tobu2015-008DSC_2912s無いものねだりから有るものさがしへ

-歴史にみる長岡の地域資源の変遷-

講師:長岡大学教授 松本 和明

 

 

第2部 パネルディスカッション

長岡市東部地域の活性化に向けて

●パネリスト DSC_2970s
DSC_3014s
大原 久治氏 (公社)長岡令終会 雪国植物園園長
澤田 正彦氏 ㈱エヌ・シィ・ティ代表取締役社長
家老 洋氏 特定非営利活動法人UNE代表理事
高野 洋子氏 ㈱パートナーズプロジェクト取締役
米山 宗久 長岡大学准教授
●コーディネーター
松本 和明 長岡大学教授

 

ボランティアイベント「来て!見て!聞いて!ボランティア」を開催しました。

10月24日(土)の悠久祭1日目に、ボランティアイベント「来て!見て!聞いて!ボランティア」を開催しました。
長岡市内を中心に市民活動をする9団体が一同に集結し、トークセッションによる意見交換と学生のボランティア参加に向けたマッチング「ボランティア見本市」が行われました。
「トークセッション」ではコーディネーターとしてNPO法人市民協働ネットワーク長岡の理事 佐竹直子氏を迎え、終始和やかな雰囲気で意見交換が行われました。活動にかける情熱やきっかけ、喜びや悩みなどを共有しました。
今までお互いの存在や活動は知っていても実際に顔合わせしたことはなく、とてもいい機会になったようです。
「ボランティア見本市」では、学生が実際に活動する方々から直接話を聞くことができ、その場でボランティアに参加できる日程やプログラムの確認をする姿が見られました。
またワークショップ「一芸をもってボランティアに参加しよう」では今話題の切り紙を体験しました。今回は中国剪紙研究会の方が講師として参加してくださり、中国からの留学生が夢中になって図案と格闘していました。
全体を通して学生も活動団体の皆さんもボランティアの現状や考え方の理解が進み、新しい認識を持って次の活動へつながっていく会になりました。

地域活性化分野コーディネータ(ボランティアデスク)脇田妙子

DSC_2710s DSC_2758s

DSC_2757s 2015.10.24-012s

2015.10.24-015s DSC_2807s

ホーム > COC事業

Copyright © 長岡大学 All Rights Reserved.