Home > 学生

学生

ながおか大学祭・学園祭模擬店ビジネスコンテストが開催されました

12月3日、プリン長岡で、ながおか・若者・しごと機構(共催=長岡市、長岡大学)が主催する「ながおか大学祭・学園祭模擬店ビジネスコンテスト」の表彰式が行われました。これは、長岡市の3大学1高専の学生を対象に、模擬店を起業・ビジネス体験プログラムとして捉え、成果を競い合うコンテストです。各校ごとに、定量評価(営業利益の達成率)と定性評価(商品企画および販売の工夫)について審査されました。利益率、お店のコンセプトや雰囲気などの他に、SNSによる情報発信やインスタ映えする商品など独創性、新規性が評価された模擬店もありました。この取り組みを一つのきっかけにして、「将来の長岡の産業を担う多様な若者起業家」が生まれ、高めあうことを期待します。

審査委員

審査委員長 小松 俊樹 長岡大学教授、中小企業診断士
審査委員  栗井 英大 長岡大学准教授、中小企業診断士
審査委員  山田 康博 税理士法人ながおか会計代表社員

●自校のコンテスト参加模擬店のみを審査する審査委員(当該校の教員各1名)
長岡技術科学大学教授   山口 隆司
長岡造形大学教授     馬場 省吾
長岡大学学長       村山 光博
長岡工業高等専門学校教授 菅原 正義

参加校と審査結果について

【長岡技術科学大学】  応募件数 3
<最優秀賞> たません
■営業品目 名古屋のB級グルメたません
(大判の海老せんべいに目玉焼きをはさみ、ソースをかけたもの)
■選定理由 定量評価では、営業利益が計画を大幅に上回り、高い評価を得た。定性評価では、店舗の訴求力には欠けるものの、期間後半は値下げを行うなど売り切る努力をしていた。また、テニス部が代々出店しており継続性も高い。

<優秀賞>  ぎだい組.inc
■営業品目  ノンアルコールのカクテル各種とつまみ
■選定理由  定量評価では、営業利益が赤字となり評価は低いものとなった。定性評価では、明るい雰囲気、元気のある接客、シェイカーを振るパフォーマンス、商品写真のビジュアル訴求などが高評価につながった。

【長岡造形大学】  応募件数 3
<最優秀賞> arc café.
■営業品目 ホットドッグ、ハッシュドポテト等の軽食、ソフトドリンク、アルコール
■選定理由 定量評価では、営業利益は目標に届かなかったものの黒字を確保した点が一定の評価を得た。定性評価では、店舗構造、店舗デザイン、置き看板などのアピール力、スタッフの声掛け、行列対策に工夫があり、最高評価を得た。

<優秀賞>  辛味噌ラーメン&BAR
■営業品目  ラーメン、カクテル
■選定理由  定量評価では、営業利益は目標に届かなかったものの、達成率は最も高かった点が評価された。定性評価では、5年間の試行錯誤による本格的な和風だしのラーメンが高い評価となったが、販売面での工夫は今一歩であった。

<優秀賞>  わすれもの
■営業品目  アクササリー(イヤリング、ピアス、ブローチ、リング)
■選定理由  定量評価では、営業利益は目標に届かなかったものの黒字を確保した点が一定の評価を得た。定性評価では、廃材をアクセサリーとして蘇らせるというアイデアが高く評価された。そのコンセプトを「わすれもの」というショップ名に表現した言語感覚も秀逸だった。一人での営業というハンデはあるものの、顧客への訴求でもう少し積極さが欲しかった。

【長岡大学】  応募件数 5
<最優秀賞> 松本ゼミナール
■営業品目 そばいなり、アルコール
■選定理由 定量評価では、営業利益達成率が計画を大幅に上回り、高い評価を得た。定性評価では長岡では珍しいそばいなり(十日町市川西地区の名物)の取り扱いが高評価につながった。また、顧客への声掛けは弱いものの、看板、POPカードなど店舗の訴求力は一定程度の工夫がみられた。

<優秀賞>  ザ・カリニン☆
■営業品目  チーズリゾットのおにぎり
■選定理由  定量評価では、営業利益が赤字となり評価は低いものとなった。定性評価では、リゾットおにぎりという独創性の高さ、声掛けについては高い評価となったが、店舗の訴求力は弱かった。

<優秀賞>  長岡大学 長岡藩主ゆかりの十分杯で足るを知る 知足
■営業品目  十分杯
■選定理由  定量評価では、営業利益が大幅赤字となり評価は低いものとなった。定性評価では、十分杯という長岡藩の故事にちなんだ製品を学園祭で取り上げた点が高い評価を得た。店舗内の展示、仕組みの説明などは工夫が見られたが、廊下の突き当りという不利な立地を跳ね返す集客の工夫が見られなかった。

【長岡工業高等専門学校】  応募件数 8
<最優秀賞> 長岡油そば流通センター
■営業品目 油そば、ご飯
■選定理由 定量評価では、営業利益が計画を大幅に上回り、高い評価を得た。定性評価では学食で一番人気のメニューと自家製チャーシューという組み合わせに独創性が見られた。また、行列対策としての整理券配り、注文の前受けなどの工夫がみられたが、店頭でのアピール力は不足していた。

<優秀賞>  ウメダ珈琲店
■営業品目  電球ソーダ、トルティーヤ
■選定理由  定量評価では、営業利益は目標には届かなかったものの黒字を確保した点が一定の評価を得た。定性評価では、インスタ映えする電球ソーダとトルティーヤの組合せに独創性、新規性が感じられた。また、SNSによる情報発信、ビジュアルを活用した店舗演出、メキシカンスタイルのコスチュームに身を包んだスタッフの声掛けなどが高い評価につながった。

<優秀賞>  むーたん
■営業品目  唐揚げ
■選定理由  定量評価では、営業利益が計画を上回り、高い評価を得た。定性評価では、商品自体については平凡、カップ売りという商品形態もコンビニエンスストアで見られることから低評価となったが、看板に「恥」という文字が入り、その怪しさが目を引いた。

ながおか仕事創造アイデア・コンテストで学生のアイデアが優秀賞獲得! 5名受賞の快挙

11月11日(土)、まちなかキャンパス長岡において、ながおか・若者・しごと機構主催の「ながおか仕事創造アイデア・コンテスト」の公開審査会が開催されました。魅力あるまちづくりや起業のアイデアを募るコンテストで、優秀賞に選ばれた人(グループ)のプレゼンテーションと表彰式が行われました。
長岡大学からは5名が受賞し、そのうち、いいね!アイデア部門で4年生のフレルバートル ハリウンさんが北越銀行賞をいただきました。

いいね!アイデア部門

北越銀行賞
”長岡でよかった”外国語動画作り
フレルバートル ハリウン 4年
長岡市在住外国人留学生がみた長岡の魅力をとりまとめてビデオ等を作成し、海外の様々な国の人たちに楽しく伝える

 

優秀賞
”錦鯉ブームで地域活性化in山古志
高橋 広守( たかはし ひろもり) 3年 (グループ名:ディカプリオ)
山古志の錦鯉を個別産業のレベルから、山古志全体にその効果を広げるため、競馬に似た<錦鯉スピード競争>を闘牛期間に開催し、馬券ならぬ<鯉券>を発行する

起業アイデア部門

優秀賞
長岡”超”野菜の生産・販売
星野 瑠惟( ほしの るい) 2年 (グループ名:Future)
完全人工光型植物工場で、栄養分・機能性成分(ポリフェノール等)を強化し、付加価値を高めた長岡<超>野菜を生産・販売する

 

優秀賞
錦鯉カフェ
小口 統為( おぐち むねゆき) 2年 (グループ名:長岡人本舗)
山古志の錦鯉の魅力を発信するとともに長岡野菜等の長岡の<食>を楽しめるカフェ、<錦鯉ミュージアム>をつくる

 

優秀賞
親子で楽しむ長岡歴史アプリ
渡邉 周三( わたなべ しゅうぞう) 3年 (グループ名:元気ファーム)
長岡開府400年を記念して、AR(拡張現実)とGPS機能を活用した400年間の長岡を現地再現できる情報アプリの開発・提供をする

第24回北信越男子・女子新人ソフトボール大会に出場しました

10月28日(土)新潟県燕市で開催された「第24回北信越大学男子・女子新人ソフトボール選手権大会」に男子ソフトボール部が出場しました。結果は、予選リーグ第1試合、福井大学男子ソフトボール部と対戦し、4-5と惜敗。第2試合は、信州大学男子ソフトボール部と対戦し、14-18で敗れました。1試合目はピッチャー池田雄大の粘りの投球が光りましたが、打線が援護することができませんでした。2試合目はピッチャーが踏ん張れず、投手層の薄さが浮き彫りになりました。
予選リーグ2戦2敗という結果になりましたが、来シーズンこそ勝利できるように、冬場の練習に取り組んでいきます。ご声援よろしくお願いします。

男子ソフトボール部
主将 斉藤 吏(経済経営学部2年)

 

第16回悠久祭を開催しました

平成29年10月28日(土)・29日(日)に、第16回悠久祭を開催いたしました。
今回は「Next Innovation」というテーマを掲げ、約1年間にわたり活動してきました。テーマに込められた“悠久祭に関わった方々に、これまで自分に無かった何かを悠久祭を通して手に入れ、それを持ち帰っていただきたい”という思いのもと、多くのことにチャレンジしてきました。このチャレンジで得た経験・課題は、来年度以降の悠久祭でも大いに生かされることと思います。
また、2日目はあいにくの天気となってしまいましたが、模擬店・イベント・ゲストそれぞれが盛り上がりを見せた結果、来場者数は過去2年間を大きく上回り、約1,600名となりました。
こうした素晴らしい悠久祭を開催することができたのは、悠久祭に関わってくださった全ての皆様のおかげです。この場を借りて感謝申し上げます。

悠久祭実行委員長 水落柊哉
模擬店大賞
1位:松本組
2位:モンゴル留学生
3位:ベトナム留学生
学内イベント大賞
1位:麻雀部
2位:鯉江ゼミナール
3位:写真部

  
  
  
  
  
  
  
  
 
ありがとうございました。

 

男子ソフトボール部の村木さんと尾島さんが北信越国体に出場します!

本学男子ソフトボール部の、村木郁巳さん(経済経営学部3年)と尾島聡さん(経済経営学部3年)が「第38回北信越国民体育大会ソフトボール競技会(成年男子)」に新潟県の代表として出場することになりました。試合は8月26日(土)~27日(日)にかけて福井県の武生東運動公園グラウンドで開催されます。二人の活躍に期待しています。本国体出場を目指して頑張ってください!
soft-01 soft-02
(左)村木郁巳さん  (右)尾島聡さん

第32回東日本大学男子ソフトボール選手権大会に出場しました

8月4日(金)~7日(月)福島県郡山市で開催された「第32回東日本大学男子ソフトボール選手権大会」に男子ソフトボール部が出場しました。仙台大学男子ソフトボール部と対戦し、一時は5点リードする場面もありましたが、4回に逆転を許し、残念ながら9対12で初戦敗退となりました。
創部メンバーである4年生にとっては最後の大会になりましたが、強豪チームを相手に接戦を演じることができ、思い出に残る試合になりました。これからは私たち3年生以下が中心となりソフトボール部を盛り上げていきたいと思います。応援よろしくお願いします。

男子ソフトボール部 
主将 村木郁巳(経済経営学部3年)
チーム名 1 2 3 4 5 6 7
長岡大学 2 3 0 1 3 0 0 9
仙台大学 0 0 2 8 1 1 × 12

170804-01 170804-03

170804-02 170804-04

170804-05 170804-06

【プレスリリース】目指せ!学生起業家! 第9回起業家塾ビジネスプラン発表会を開催します

長岡市「ながおか仕事創造アイデア・コンテスト」で最優秀賞を目指します!

昨年度は、参加2チームが優秀賞を獲得!他に担当教員指導学生が優秀賞等獲得!
20170809-01本学の建学の精神に「幅広い職業人としての人づくりと実学実践教育の推進」「地域社会に貢献し得る人材の育成」があります。
地域の特性を生かした起業・創業ノウハウを身に付けた学生起業人材を養成することは、地域経済を活性化させ、地域社会の貢献に繋がります。
本学では平成17 年から、夏期集中講義「起業家塾」(ビジネスプラン作成・発表、4日間全日開講、2単位科目)を開講しております。今年度「起業家塾」も昨年度に引き続き、長岡市内3大学1高専、高校に参加を積極的に呼びかけて実施いたします。
kigyouka15-15さらに、当講義でのビジネスプランをブラッシュアップして、長岡市主催「ながおか仕事創造アイデア・コンテスト【起業アイデア】部門」に応募し、最優秀賞を目指します!
最終日にビジネスプランの発表を行い、審査委員に評価していただき、表彰を行います。

【名称】 起業家塾ビジネスプラン発表会
【会期】 平成29年8月10日(木) 14:00~16:30
【会場】 長岡大学 226 教室

>> 詳細はこちらをご覧ください。【プレスリリース】(476KB)

長岡まつり大民踊流しに参加しました

8月1日(火)、長岡まつり大民踊流しに学生、教職員の約60名で参加しました。
当日は全員揃って練習をした後、学食で軽食会を行いました。ビンゴ大会やクイズ等をグループで楽しみ、親睦を深めました。
長岡大学の民踊流し参加は、昨年で10周年となり、今年(平成29年)で11年目を迎え、新たな10年に向けて走り出す年となりました。今年のテーマは「躍動ここに極まる!」受け継がれる絆です。大民踊流しを通して各々絆や夏の思い出を紡ぎ出せたと思います。この絆や思い出を来年度以降も受け継いで欲しいです。

学友会執行部3年 外石直輝

20170801-01 20170801-02
軽食会&ゲーム

20170801-03 20170801-11
(左)初参加の1年生  (右)2年生
20170801-12 20170801-04
(左)3年生  (右)大学生活最後の参加となる4年生

20170801-05 20170801-06

20170801-07 20170801-08

20170801-09 20170801-10

長岡大学 地域麻雀交流会を行いました

2017年7月29日(土)、麻雀部が長岡大学のある栖吉地域の方々と麻雀交流会を行いました。
麻雀部は、1.お金をかけない 2.タバコを吸わない 3.アルコールを飲まないを原則とする健康麻雀サークルです。
当日は地域交流ホール(学食)で、多数の地域の方と麻雀を楽しみました。部員たちにとって良い経験となりました。
昨年に引き続き今年は2回目となります。今後も継続的に行いたいと思います。
ご参加くださった地域の皆さま、ありがとうございました。

麻雀部部長 佐藤 慧(4年)

20170729-01 20170729-02

20170729-03 20170729-04

ヒューマンパワーアッププロジェクト2017公開プレゼンテーションを開催しました

6月28日、長岡大学地域交流ホールにおいて「平成29年度ヒューマン・パワーアップ・プロジェクト(HPP)」の公開プレゼンテーションが行われました。HPPとは、人間力および社会人基礎力等を伸長させることを目的とした、学生の自主的な活動支援のための奨励金制度です。この奨励金制度は平成19年度に創設され11年目となりました。
今回は書類審査を通過した3団体が公開プレゼンテーションを行い、2団体が採択されました。今後、採択された団体は企画した事業を実施していくことになります。また、採択されなかった団体も、事業を改善して再挑戦することを期待しています。年度末には報告会を実施する予定です。

≪採択された事業≫

1.男子ソフトボール部
170628-01 事業名 第32回東日本大学ソフトボール選手権大会への出場
代表者 村木郁巳
採択額 200,000円 *条件付き
目 的 昨年の大会に参加して、全国トップレベルのチームとの対戦で、実力不足を痛感した。この貴重な経験をもとに、日頃の練習を強化してきた。昨年に引き続き、この大会に出場することで、自分たちの力を試し、今後のチームに何が必要かを学びたい。
2.十分杯チーム
 170628-02 事業名 十分杯で我が大学をPRしよう
代表者 佐野毅
採択額 25,000円 *一部採択
目 的 十分杯の広報活動中、「十分杯がほしい」との声をいただくことが多い。現在、市販されている十分杯は2,700円程度で手軽に購入するには少し難しい。
自ら十分杯を制作し、購入しやすい価格にすれば、十分杯の知名度の向上、地域の活性化、さらに大学のPRになると考え企画した。

ホーム > 学生

Copyright © 長岡大学 All Rights Reserved.